ニュース
» 2019年02月02日 11時00分 公開

邪悪を討て、アントマン&ワスプとともに!:アジアにおける“マーベルの拠点”へ――変化する最新の香港ディズニーランドを体験 (1/3)

日本から飛行機で5時間、香港・ランタオ島に2005年にオープンした香港ディズニーランドをご存じでしょうか。狭い、誰も行かないなんてのはもう昔の話。現在では世界でもここにしかない、ここでしか会えない要素もたくさんあり、特に日本のファンと“マーベルファン”が注目するパークになりました。

[宮田健(dpost.jp),ねとらぼ]

香港ディズニーランドがまた生まれ変わる、今度は“マーベル”だ!

 日本には東京ディズニーリゾートがありますが、実はその“コアなファン”がいまもっとも注目しているのは香港ディズニーランド・リゾートです。香港ディズニーランドというと、もしかしたら開園直後の印象――狭い、小さい、半日で全部回れるといった、ちょっとネガティブな情報のままの方もいらっしゃるのではないでしょうか。実はいま、香港ディズニーランドはさらなる変革の途中。現地のファンだけでなく、アジア圏の国々から、そしてたくさんのキャラクターと記念写真を撮れることから、特に日本からのファンが増えています。アトラクション/ショーの数も十分に増え、さらにはここだけでしか体験できないこともたくさん。

香港ディズニーランド 間もなく旧正月、日本では「亥」はイノシシですが、アジア圏ではブタなので3匹の子ぶたたちがセンターに位置しています

 その「香港ディズニーランドだけ」の要素の1つが、間もなく壮大なストーリーの総決算を迎える映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」などに登場する、マーベルヒーローたちのアトラクションです。香港ディズニーランドはディズニーテーマパークとして世界初のマーベルアトラクション「アイアンマン・エクスペリエンス」を2017年にオープン、そして2019年3月31日、これもまた世界で初めて「アントマン&ワスプ」をテーマにしたアトラクション「アントマン&ワスプ:ナノバトル!」がオープンします。

アントマン&ワスプ:ナノバトル! 2019年3月31日オープンの「アントマン&ワスプ:ナノバトル!」 あの映画がアトラクションになりました

 いま、香港ディズニーランドのトゥモローランドの一角では、アイアンマンことトニー・スタークの運営する企業、スタークインダストリーズの一大イベント「スタークエキスポ」が開催されています。これは映画「アイアンマン2」内で開催されていたイベントの香港版で、スタークインダストリーズが持つ科学技術を展示するもの。アイアンマン自身も香港スタークエキスポでグリーティングを行っているのですが、その最中、香港市内に建てられたスタークタワーを悪の集団、ヒドラが急襲し……というのが、アトラクション「アイアンマン・エクスペリエンス」のストーリーでした。

アントマン&ワスプ:ナノバトル! 「アイアンマン・エクスペリエンス」の隣に新アトラクション「アントマン&ワスプ:ナノバトル!」が登場します。

 間もなくオープンする「アントマン&ワスプ:ナノバトル!」は、このストーリーに沿って展開します。実はこのヒドラは、香港市内だけでなくスタークエキスポの会場も同時に、スウォームボットなるロボットを使い攻撃をしてきます。そこでアイアンマンとアントマン&ワスプは手を組み、エキスポ会場(香港ディズニーランド)の防御はアントマン&ワスプが対応することに。アントマンは小さくなれるので、スウォームボットの中に入り込んで攻撃するのですが、たった2人で数千ものスワームボットを倒すのは難しいです。戦いは数ですから兄貴。

 そこで、アントマン&ワスプ、そしてS.H.I.E.L.D.(シールド)は「あなた」に助けを求めます。シールド科学技術パビリオンの見学に来たゲストは特別な装備を持つ「D/AGR」(the Defense/Assault Ground Rover. 別名“ダガー”)に乗り込み、EMPブラスターを手に、マーベルのヒーローとともにスウォームボットを倒すという任務をこなすのです。

アントマン&ワスプ:ナノバトル! 「アントマン&ワスプ:ナノバトル!」のイメージ
アントマン&ワスプ:ナノバトル! 映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」などに登場したヒドラのマークが
アントマン&ワスプ:ナノバトル! シールドが開発したD/AGRに乗り込み、邪悪を討て! ワスプとともに!

 実はこのアトラクション、東京ディズニーランドにある「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」と同様の、ライドに乗り込み光線銃で的を撃つというスタイルのダークライド型アトラクションです。ただし、最新の技術を使った演出が加わるとのことで、また少し違う印象になるでしょう。なんといってもあのマーベルの世界にひたりつつ、私たちもマーベルヒーローの一人として戦いに参加できるのは面白いですね。

 このアトラクションは映画「アントマン&ワスプ」を作ったペイトン・リード監督だけでなく、オリジナルキャストであるポール・ラッド(アントマン)、エヴァンジェリン・リリー(ワスプ)、そして音楽担当のクリストフ・ベックが参加するという本格的なもの。主役の2人からのメッセージや、アトラクションを制作するイマジニアによる動画も公開されています。とても楽しみですね。

なぜマーベルが? なぜ香港に?

 実はディズニーは、このマーベルのヒーローたちを世界のパークで登場させ、マーベルの世界に浸れるアトラクションやショーを多数計画しています。その中でも香港ディズニーランドは「マーベル展開のアジア中心地」として、現在展開が予定されているディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー(ディズニーランド・リゾート)、ディズニーランド・パリ(フランス)、ディズニー・クルーズラインの中でも重要な場所として存在感を示しています。これはなぜでしょうか? ここにはある「課題」があるとされています。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/13/news118.jpg “廃棄前提”炎上ツイートで注目の温泉旅館 オンラインサロン運営者の「炎上マーケティング大成功」発言を「事実無根」と否定
  2. /nl/articles/2008/12/news118.jpg 「5分前にはルームに入室」「深々と頭を下げながら会議終了ボタン」はデマ 大炎上した“謎のテレワークマナー”は誰が広めたのか マナー本出版社も「驚いている」
  3. /nl/articles/2008/12/news022.jpg レジ袋有料化でケーキ屋さんが心配していることは? 店員さんが描いた漫画に反響集まる
  4. /nl/articles/2008/12/news109.jpg トヨタ・プリウスを煽りまくった日産エクステラ、隣を走っていただけのマツダMPVを巻き込んだ大事故を起こし逃走
  5. /nl/articles/2008/13/news015.jpg 親とはぐれたウリ坊を保護→先住ワンコと超仲良しに! 寝転んでじゃれ合う姿に癒やされる
  6. /nl/articles/2008/13/news082.jpg 山奥に停まっていた古いクルマを覗いてみたら…… 意味が分かると後から「ひっ!!」となる漫画が怖い
  7. /nl/articles/2008/13/news010.jpg 憧れのゲーム会社に入社した女の子が社畜の道へ…… ところどころ実話な漫画『ますたーあっぷ!』に震える
  8. /nl/articles/2008/12/news024.jpg 「あるある」「何度同じことやられたか」 実家の猫の謎行動を描いた漫画に共感の嵐
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2008/12/news003.jpg 「ラッシー飲んでから行かないくていいノ!?」 インドカレー屋で超ラッシー好き認定されていた漫画に笑いとほっこり