ニュース
» 2019年02月02日 21時00分 公開

女子高生と罠! 野生の動物捕まえる異色漫画『罠ガール』が異例のヒット(1/2 ページ)

罠とガールが出会った。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 田舎に住む女子高生たちが「罠(わな)」を駆使して野生の動物を捕まえる異色の漫画、『罠ガール』(電撃コミックスNEXT)が2巻時点で発行10万部を突破するスマッシュヒットとなっています。作者は実家が農家で、自身も罠猟免許を持つ緑山のぶひろさん。

 大人顔負けの罠を仕掛けるちーちゃん(朝比奈千代丸)と、畑仕事を始めて3カ月という幼馴染のレモン(昼間レモン)。作中第1話では畑のほうれん草が荒らされ困り果てるレモンと、泣きつかれて渋々犯人のイノシシ退治を引き受けるちーちゃんのお話が描かれます。


罠ガール しっかりもののちーちゃん
罠ガール 畑仕事歴3カ月のレモン

 イノシシには多少お金をかければ専用の“箱罠”などで対抗できますが、それは高校生のお小遣いではなかなか手の届かないシロモノ。そこでちーちゃんは、「自分もまだ素人」と謙遜しつつも、お手製の罠を作っていきます。材料はワイヤー、バネ、パイプキャップ、締付金具など、どれも手近にそろえられるもの。これらを組み合わせて、手製の“くくり罠”を作っていきます。これでイノシシが罠を踏めば、ギュっと足を捉え、逃げられなくなるという寸法です。


罠ガール お小遣いで買えない
罠ガール お手製の罠を作っていきます
罠ガール ひゃあああああ!

 「へぇー」と感心するレモンをよそに、手際よく罠を作り終えたちーちゃん。次はイノシシの居場所に見当をつけるため、“獣道”をたどりつつ罠の設置場所を吟味していきます。道中「どうしたの? 罠仕掛けないの?」と不思議がるレモンと、「ここはシカしか通ってないかも イノシシの足跡が見当たらない…」と、イノシシがいつも同じ道を通る習性を説明するちーちゃん。読んでいると読者まで自然と罠に詳しくなってくる親切設計になっています。

 「ちなみにレモンが今踏んでる丸い黒いのがシカの糞な」「ギャー」といった他愛ない会話も交えつつ、ついにイノシシがいそうなスポットを発見。丈夫な木にワイヤーをしっかりとむすびつけると、罠を地中に隠し、怪しまれないように土や葉でしっかりとカモフラージュ。


罠ガール 獣道の足跡をつぶさに観察

罠ガール 罠を設置したら不自然にならないようカモフラージュも忘れずに

 これで一件落着か――と思いきやそうともいかず。なかなか罠にかかってくれないイノシシになんとか対抗しようと、畑の横にテントを張って夜営をしてみたりと空回りもしつつ(仮に畑でイノシシと遭遇できても対抗手段がない……!)、5日目にしてようやく罠が動作した痕跡を見つけます。


罠ガール 「新しい鍬(くわ)」に全力で釣られるちーちゃん

罠ガール 木の根元が荒らされている……?

 ところが、罠のワイヤーをくくりつけた木の周囲にはイノシシが荒らしたとみられる痕が円状に広がっているものの、肝心のイノシシはどこにも見当たりません。棍棒(こんぼう)を手に、用心しながら木に近づいてみると――。

 「フゴッ……」と、木の死角に潜んでいたイノシシがちーちゃんめがけて突進! とっさのことに凍りつき、尻もちをつくちーちゃんですが、「(ガキン)」っと罠が動作して、イノシシはすんでのところで動きを封じられます。まさに間一髪でした。


罠ガール

罠ガール 野生の動物の迫力

 イノシシを捕まえた後も、お話は極めてシビア。畑に被害が出ている以上、イノシシは自分たちで“仕留め”なければなりません。罠はイノシシを飼うために仕掛けたわけではない――そう心を鬼にして、ちーちゃんは棍棒に「ぐっ」と力を入れます。なるべく苦しませずにイノシシを仕留めると、血抜き作業までを一気にこなしていきます。レモンも一緒に見届けて、最後は役所の人にイノシシを引き渡し、やっと一段落。イノシシはその後、イノシシ肉がほしい猟師やジビエ肉加工場の元へと運ばれていきます。


罠ガール これも畑を守るため……

罠ガール 役所の人に引き取ってもらいます。その後は猟師さんやジビエ肉加工場へ

 長きに渡った野生生物との戦いにもこれで終止符……というわけではなく、その数日後には「ぢーぢゃーん」と、また涙ながらに途方に暮れるレモンの姿が。今度は畑の野菜の葉がことごとくシカたちに食べられてしまったようです。「また罠で捕まえてよ〜」と泣きつくレモンに、「…そのうちな」と、なんだかんだで押しに弱いちーちゃんは答えるのでした。


罠ガール 罠ガールな日々は続く

 同作は現在、単行本3巻まで発売中。サバサバした性格と思いきや、ついレモンを助けてしまうちょっぴりお人好しなちーちゃん。そしておっとりさんに見えて、イノシシの最期を見届けるなど、どこか芯を感じさせるレモン。この2人に加え、同級生で祖父が猟師の生徒会長・夜空つむじや、本職の猟師だけど極度の人見知りな清水夏芽といった新たな仲間を巻き込みつつ、罠ガールたちのスローでハードな日々が続いています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/15/news033.jpg 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  2. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  3. /nl/articles/2205/14/news007.jpg 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声
  4. /nl/articles/2205/15/news003.jpg “お手”を覚えた子柴犬、披露してみると…… まさかの新技に「進化したお手」「かわいすぎる」の声
  5. /nl/articles/2204/25/news111.jpg 華原朋美、怒り爆発の騒動から初家族ショット “ファンへの非礼”謝罪した夫の姿に「3人揃って良かった」
  6. /nl/articles/2205/15/news039.jpg 生駒里奈、乃木坂46のライブにサプライズ出演し「激アツ」「号泣」「最強」と反響 制服姿で同期メンバーへの感謝メッセージも
  7. /nl/articles/2205/15/news006.jpg タイハクオウムが足をダンダンして荒ぶるワケは…… ママの足の間に入ってご満悦な姿が面白かわいい
  8. /nl/articles/2205/14/news071.jpg ありえない立体「ペンローズの三角形」が粘土で制作される 切れ目無しでの再現に「うおぉぉぉ」「脳がバグる」
  9. /nl/articles/2205/13/news168.jpg ルービックキューブは「2次元」にすると分かりやすい……? 画期的な動画が「天才的発想」「すごいことをしていることだけ分かった」と話題
  10. /nl/articles/2205/11/news167.jpg 「あなたのAirpodsではありません」 隣の人がAirpodsの蓋を開け締めしているせいでiPadが操作できない話がおつらい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  4. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」
  5. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  6. 神田愛花アナ、バナナマン日村との“夫婦デート風景”にファンほっこり 「幸せあふれてる」「仲良くてステキ」
  7. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  8. 山田孝之、芸能人として“3億円豪邸”に初お泊まり 突然泣き出すはじめしゃちょーをハグする異例展開で「本当にいい人」
  9. トム・クルーズ、4年ぶり来日をウマ娘が発表 突然の大物コラボに困惑する声「まず戸田奈津子さんに理解してもらうところから」
  10. 堀ちえみ、新居ダイニングの解体&再工事が完了 住居トラブルへの怒りも“夫の名言”で鎮火「ハッとしました」