ニュース
» 2019年02月02日 21時00分 公開

女子高生と罠! 野生の動物捕まえる異色漫画『罠ガール』が異例のヒット(1/2 ページ)

罠とガールが出会った。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 田舎に住む女子高生たちが「罠(わな)」を駆使して野生の動物を捕まえる異色の漫画、『罠ガール』(電撃コミックスNEXT)が2巻時点で発行10万部を突破するスマッシュヒットとなっています。作者は実家が農家で、自身も罠猟免許を持つ緑山のぶひろさん。

 大人顔負けの罠を仕掛けるちーちゃん(朝比奈千代丸)と、畑仕事を始めて3カ月という幼馴染のレモン(昼間レモン)。作中第1話では畑のほうれん草が荒らされ困り果てるレモンと、泣きつかれて渋々犯人のイノシシ退治を引き受けるちーちゃんのお話が描かれます。


罠ガール しっかりもののちーちゃん
罠ガール 畑仕事歴3カ月のレモン

 イノシシには多少お金をかければ専用の“箱罠”などで対抗できますが、それは高校生のお小遣いではなかなか手の届かないシロモノ。そこでちーちゃんは、「自分もまだ素人」と謙遜しつつも、お手製の罠を作っていきます。材料はワイヤー、バネ、パイプキャップ、締付金具など、どれも手近にそろえられるもの。これらを組み合わせて、手製の“くくり罠”を作っていきます。これでイノシシが罠を踏めば、ギュっと足を捉え、逃げられなくなるという寸法です。


罠ガール お小遣いで買えない
罠ガール お手製の罠を作っていきます
罠ガール ひゃあああああ!

 「へぇー」と感心するレモンをよそに、手際よく罠を作り終えたちーちゃん。次はイノシシの居場所に見当をつけるため、“獣道”をたどりつつ罠の設置場所を吟味していきます。道中「どうしたの? 罠仕掛けないの?」と不思議がるレモンと、「ここはシカしか通ってないかも イノシシの足跡が見当たらない…」と、イノシシがいつも同じ道を通る習性を説明するちーちゃん。読んでいると読者まで自然と罠に詳しくなってくる親切設計になっています。

 「ちなみにレモンが今踏んでる丸い黒いのがシカの糞な」「ギャー」といった他愛ない会話も交えつつ、ついにイノシシがいそうなスポットを発見。丈夫な木にワイヤーをしっかりとむすびつけると、罠を地中に隠し、怪しまれないように土や葉でしっかりとカモフラージュ。


罠ガール 獣道の足跡をつぶさに観察

罠ガール 罠を設置したら不自然にならないようカモフラージュも忘れずに

 これで一件落着か――と思いきやそうともいかず。なかなか罠にかかってくれないイノシシになんとか対抗しようと、畑の横にテントを張って夜営をしてみたりと空回りもしつつ(仮に畑でイノシシと遭遇できても対抗手段がない……!)、5日目にしてようやく罠が動作した痕跡を見つけます。


罠ガール 「新しい鍬(くわ)」に全力で釣られるちーちゃん

罠ガール 木の根元が荒らされている……?

 ところが、罠のワイヤーをくくりつけた木の周囲にはイノシシが荒らしたとみられる痕が円状に広がっているものの、肝心のイノシシはどこにも見当たりません。棍棒(こんぼう)を手に、用心しながら木に近づいてみると――。

 「フゴッ……」と、木の死角に潜んでいたイノシシがちーちゃんめがけて突進! とっさのことに凍りつき、尻もちをつくちーちゃんですが、「(ガキン)」っと罠が動作して、イノシシはすんでのところで動きを封じられます。まさに間一髪でした。


罠ガール

罠ガール 野生の動物の迫力

 イノシシを捕まえた後も、お話は極めてシビア。畑に被害が出ている以上、イノシシは自分たちで“仕留め”なければなりません。罠はイノシシを飼うために仕掛けたわけではない――そう心を鬼にして、ちーちゃんは棍棒に「ぐっ」と力を入れます。なるべく苦しませずにイノシシを仕留めると、血抜き作業までを一気にこなしていきます。レモンも一緒に見届けて、最後は役所の人にイノシシを引き渡し、やっと一段落。イノシシはその後、イノシシ肉がほしい猟師やジビエ肉加工場の元へと運ばれていきます。


罠ガール これも畑を守るため……

罠ガール 役所の人に引き取ってもらいます。その後は猟師さんやジビエ肉加工場へ

 長きに渡った野生生物との戦いにもこれで終止符……というわけではなく、その数日後には「ぢーぢゃーん」と、また涙ながらに途方に暮れるレモンの姿が。今度は畑の野菜の葉がことごとくシカたちに食べられてしまったようです。「また罠で捕まえてよ〜」と泣きつくレモンに、「…そのうちな」と、なんだかんだで押しに弱いちーちゃんは答えるのでした。


罠ガール 罠ガールな日々は続く

 同作は現在、単行本3巻まで発売中。サバサバした性格と思いきや、ついレモンを助けてしまうちょっぴりお人好しなちーちゃん。そしておっとりさんに見えて、イノシシの最期を見届けるなど、どこか芯を感じさせるレモン。この2人に加え、同級生で祖父が猟師の生徒会長・夜空つむじや、本職の猟師だけど極度の人見知りな清水夏芽といった新たな仲間を巻き込みつつ、罠ガールたちのスローでハードな日々が続いています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」