ニュース
» 2019年02月02日 15時00分 公開

「たま…… くれ……」 Amazonに投稿された「BIOHAZARD RE:2」レビューが秀逸と話題に

おなじみのメッセージの体裁や、有名な「かゆい うま」をしっかりなぞっています。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 名作ホラーゲーム「バイオハザード2」のリメイク、「BIOHAZARD RE:2」が1月25日に発売されました。Amazon.co.jpのレビュー欄(プレイステーション 4用のZ指定版)が約300の投稿で賑わうなか、「ある男の手記」という、ゲーム中のメッセージを模したようなレビューが秀逸だと話題を呼んでいます。


RE2 バイオ2を最新機種向けに、徹底的にリメイク。全世界出荷数が公称300万本突破と、好調を見せています

レビュー 「市民A」を名乗る人物が、作中のメッセージの体裁で語ります

 投稿主は「市民A」を名乗る男性。弾薬不足でラスボスに勝てなくなってしまった後悔を、同シリーズでおなじみの「モブが書いた日誌」のような体裁でつづっています。ときおり挿入される注釈「(ページが半分破られている)」が、いかにもそれっぽい。

 ただでさえしんどい状況なのに、セーブの上書きを重ねた投稿主には、勝てないラスボスの手前にいるデータしか残っていない様子。つまり、手持ちの装備だけでどうにか勝ち抜くか、最初からやり直すしかないのです。つらーい!


レビュー セーブデータを複数残しておかなかったばかりに……

 その後、投稿主は現状のセーブデータであがく選択をとった様子。しかし、「素晴らしい作戦を思いついた!」と書いたあとで、すぐに「もうだめだ……」と弱音を吐いていて、どうにもこうにもならないようです。彼は結局、ゲームの難易度を下げてありったけの弾薬をラスボスに撃ち込む賭けに出ました。がんばれー!


レビュー 無理のある奇策にかすかな希望をみたあとで、すぐ絶望する様が悲しい

 しかし、挑戦直後には「字が血でにじんでて読めなくなっている」と、賭けに破れたことを暗示する記述が。ネットで攻略情報を調べたのか、「(自分の状況では)はじめから勝てっこなかったんだ」と悟る文が涙を誘います。そして、レビューは初代「バイオハザード」の有名な一節「かゆい うま」をもじり、「たま…… くれ……」で締められました。……かける言葉が見つからない。


レビュー 「(ここから先は字がにじんで読めなくなっている)」……2つめの“にじみ”は、きっと涙のせい

 このレビューは約1000人が「役に立った」と評価し、Twitterでも広く拡散。「センスがある」「バイオ愛がすごい」「リアルなゲーム体験者の感想」と好評を博しました。「弾丸の節約を心がけます」と肝に銘じた人も多く、注意喚起できたという意味では市民Aさんも報われたかもしれません。というか、せめてそうであってほしい。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙