ニュース
» 2019年02月03日 18時13分 公開

平成一桁生まれにやたらぶっ刺さるLINE絵文字が話題に 「懐かしすぎて笑う」「鳥肌たった」

「H/K」や「仲仔」がわかる世代向け。

[宮原れい,ねとらぼ]

 平成一桁生まれに向けたLINE絵文字「ゥチらのデコ絵文字」が注目を集めています。懐かしさに飲み込まれる……!



 イラストレーターのちばしげ(@shigenowi)さんによる作品で、ガラケー時代の携帯メールなどでみられた当時の“若者の絵文字”を雰囲気そのままに再現。カラフルな縦長のハートなどの記号から、さらに「H/K(※話変わるけど)」「仲仔(※仲がいい友だちの意)」「藁(ワラ)」など、今の若者には伝わらなそうな濃いものまでが収録されています。使用例がまぢパネェ。


平成一桁生まれ 刺さる LINE 絵文字 ウチらのデコ絵文字 仲仔 HK 懐かしすぎて変な声が出るやつ

 コメントではあまりの懐かしさに「涙出た」「笑う」「発狂」「鳥肌たった」「しんだ」と当時の世代から声が上がり、即買いした人からはブランクを感じさせない使いこなしを披露する人もみられます。


平成一桁生まれ 刺さる LINE 絵文字 ウチらのデコ絵文字 仲仔 HK ガラケーアイコンがまぢ超ヤバい

 昭和生まれや平成二桁生まれでも「わかる」という声や、今の若い世代からは「全然なんて言ってるか分からない」という声も。また使用例に書かれた「コム持ち(※ウィルコムのPHS機を持っている)」に当時を思い出す人など、さまざまな反応が上がっています。




画像提供:ちばしげ(@shigenowi)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた