ニュース
» 2019年02月05日 20時00分 公開

信じてくれればうんこは宇宙のかなたに飛びブラも消える 「妖怪で超能力者の女子」が繰り広げるSFラブコメに「神漫画」の声

「人の言葉を信じやすい少年」と「相手が自分の言葉を信じるとなんでも現実になる超能力少女」が出会ったら……?

[ねとらぼ]

 「人の言葉を信じやすい少年」と「相手が自分の言葉を信じるとなんでも現実になる超能力少女」を描いたラブコメ漫画「SF男女物語」がハチャメチャだけどなんだかキュンとしてしまいます。作者は漫画家のみかわ絵子(@mikawaeco)さん。

すごい能力だ……

 人の言葉を信じやすいために、16歳で借金が2000万円を超えてしまった少年。めちゃくちゃトイレに行きたいのに、公園のベンチから立ち上がれずに困っています。

 それは隣に座っている少女の「あなたはベンチから立ち上がれない」という言葉を信じたから。妖怪であり超能力者と名乗る彼女は、「自分の言葉を心から信じる人がいるとなんでも真実になる」というのです。信じやすい彼のせいで、彼女の言った通りにUFOが現れ、もらしたうんこが宇宙のかなたに消え、彼女はノーブラになります。めちゃくちゃだ。

 そして現れる借金取り、明かされる「妖怪」である彼女の正体……疾走感溢れつつもツッコミが止まらない展開、カオスがカオスを呼びつつも最後は思わず「いい話だ」と深々うなずいてしまう結末も秀逸です。

 読者からは「新鮮ですごく好き」「神漫画」「どこがラブコメなんだと思って読んでみたら とんでもなく素晴らしい恋愛漫画だった!」と絶賛の声が上がり、だまされても他人を信じたいと言い切る主人公への「かっこいい」という賛辞も寄せられています。

 同作は以前に漫画アプリ「ジャンプ+」に読み切りとして掲載されたもの。作者のみかわさんは現在、同アプリで野球コメディー漫画『忘却バッテリー』を連載中です。

(C)みかわ絵子/集英社

みかわ絵子さんの書籍(Kindle Storeで配信中)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」