ニュース
» 2019年02月05日 13時35分 公開

メジャー先端の金具はなぜカタカタ動く? 意外と知られていない「正確に測れる工夫」

押し当てても引っかけても正確に測れる仕掛け。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 メジャー(※)の先端についているT字型の金具は完全に固定されておらず、わずかにズレるようになっています。先端がブレたら正確な測定ができなさそうな気もしますが、むしろこの仕掛けのおかげで測りやすくなる――そんなツイートが、「知らなかった」と話題を呼んでいます。

※話題のメジャーは、本体が金属製で断面が湾曲しているタイプ。厳密には「コンベックスルール(コンベックス)」と呼ばれる


0点補正移動爪 仕事で使わない人は知らない工夫が……(画像提供:けろ神さま

 メーカーのムラテックKDSシンワ測定によると、先端の金具は「0点補正移動爪」と呼ばれるもの。メジャーでの測定は、先端を押し当てる場合と、爪を机などに引っかける場合があり、もし爪が固定されていたらその厚みの分だけ、測定の基点が測り方次第で微妙にズレてしまいます(※)。しかし移動爪なら、いずれの方法でも基点が正確になります。押し当てるときには本体のほうへ動き、先端が基点になります。一方、引っかけた場合は先端方向へ移動し、爪の内側が基点に。爪の厚みの分が自動で調整されるというわけです。

※引っかけ測定専用の、爪が固定された製品もあります(移動爪よりも誤差が出にくい利点がある)

0点補正移動爪 0点補正移動爪の仕組み(ムラテックKDSのサイトより)

0点補正移動爪

0点補正移動爪 どちらの測り方でも普通の定規を使う場合と同様、正確に測れる(画像提供:けろ神さま/文字等は編集部で加工)

 これは建築や機械に携わる人には常識的なことなのですが、ツイートを投稿したけろ神さま(@onkyouya)さんは、「先端がカタカタするのは作りが雑だから」と思っていた人に会い、意外と知られていないものなのかと驚いたそうです。実際、リプライにも知らない人が多く、カタツキが気になってハンマーで叩いたり接着剤で固定してしまったという人もいました。

 なお、建築業界では、使い込んでいるうちに移動爪のブレが大きくなり、正確に測るために目盛りの100ミリを基点に測る人も多い様子。1つのトリビアから別の知見に派生する、興味深いスレッドでした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」