ニュース
» 2019年02月05日 13時35分 公開

メジャー先端の金具はなぜカタカタ動く? 意外と知られていない「正確に測れる工夫」

押し当てても引っかけても正確に測れる仕掛け。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 メジャー(※)の先端についているT字型の金具は完全に固定されておらず、わずかにズレるようになっています。先端がブレたら正確な測定ができなさそうな気もしますが、むしろこの仕掛けのおかげで測りやすくなる――そんなツイートが、「知らなかった」と話題を呼んでいます。

※話題のメジャーは、本体が金属製で断面が湾曲しているタイプ。厳密には「コンベックスルール(コンベックス)」と呼ばれる


0点補正移動爪 仕事で使わない人は知らない工夫が……(画像提供:けろ神さま

 メーカーのムラテックKDSシンワ測定によると、先端の金具は「0点補正移動爪」と呼ばれるもの。メジャーでの測定は、先端を押し当てる場合と、爪を机などに引っかける場合があり、もし爪が固定されていたらその厚みの分だけ、測定の基点が測り方次第で微妙にズレてしまいます(※)。しかし移動爪なら、いずれの方法でも基点が正確になります。押し当てるときには本体のほうへ動き、先端が基点になります。一方、引っかけた場合は先端方向へ移動し、爪の内側が基点に。爪の厚みの分が自動で調整されるというわけです。

※引っかけ測定専用の、爪が固定された製品もあります(移動爪よりも誤差が出にくい利点がある)

0点補正移動爪 0点補正移動爪の仕組み(ムラテックKDSのサイトより)

0点補正移動爪

0点補正移動爪 どちらの測り方でも普通の定規を使う場合と同様、正確に測れる(画像提供:けろ神さま/文字等は編集部で加工)

 これは建築や機械に携わる人には常識的なことなのですが、ツイートを投稿したけろ神さま(@onkyouya)さんは、「先端がカタカタするのは作りが雑だから」と思っていた人に会い、意外と知られていないものなのかと驚いたそうです。実際、リプライにも知らない人が多く、カタツキが気になってハンマーで叩いたり接着剤で固定してしまったという人もいました。

 なお、建築業界では、使い込んでいるうちに移動爪のブレが大きくなり、正確に測るために目盛りの100ミリを基点に測る人も多い様子。1つのトリビアから別の知見に派生する、興味深いスレッドでした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響