ニュース
» 2019年02月06日 13時00分 公開

バンザイじょうずにできるよ! 甲羅磨きがしやすいように前肢をあげるウミガメの子どもがかわいい

小笠原村父島で暮らすカメさんです。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 甲羅を磨いてもらうときに、バンザイのようなしぐさを見せるカメさんがTwitterで人気になっています



 カメさんが暮らすのは小笠原村父島(東京都)にある小笠原海洋センター。ウミガメの保護やザトウクジラの研究などを行っている施設です。話題になっているのは手のひらよりも少し大きいウミガメの子ども。スポンジのようなものを持ったスタッフさんが甲羅を磨くとき、前肢(前足)を一生懸命持ち上げて協力するようなしぐさを見せています。


小笠原海洋センター カメさん 前肢を持ち上げ、甲羅を磨いてもらうカメさん

 最初にお腹側をゴシゴシしてもらったカメさん。クルリと向きを替えられると一瞬前肢を下げますが、再び上げて背中側を磨いてもらいます。


小笠原海洋センター カメさん 向きを替えて背中側もゴシゴシしてもらいます

 体の側面を磨いてもらう頃には口が半開きになってしまったカメさん。きれいにしてもらって気持ちがいいのかな?


小笠原海洋センター カメさん 側面をゴシゴシしてもらうと
小笠原海洋センター カメさん 気持ちがいいのか
小笠原海洋センター カメさん お口が半開きになっちゃいました

 リプライ欄には「かわいい」「気持ちよさそう」「威嚇してるの?」といったコメントが寄せられ、東京ディズニーシーにある「タートル・トーク(※ウミガメのクラッシュと会話ができるアトラクション)」を思い出したという人もいました。

 カメさんの反応の愛らしさにちょっとやってみたくなる「甲羅磨き」。同センターで開催している「ウミガメ教室」に参加すると体験できるそうです。





画像提供:PIP@小笠原海洋センター非公式 Twitter(@mt_seaturtle)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた