ニュース
» 2019年02月06日 14時49分 公開

ローソン、加盟店の不正行為を謝罪 商品のシールを貼り替え消費期限を延長

埼玉県の2店舗で店内調理商品の消費期限を故意に延長していました。

[ねとらぼ]

 ローソンは2月6日、加盟店2店舗で店内調理した商品の消費期限を故意に延長していたとして謝罪しました。当該の店舗は閉店しています。

謝罪文

 問題の行為が行われていたのは三郷天神一丁目店と三郷彦糸店(埼玉県三郷市)。まちかど厨房商品(店内調理による弁当、調理パン類)に関して、消費期限を記載したシールを貼り替えて期限を7時間延長していました。カスタマーセンターにメールで情報提供があったことから発覚。

 三郷天神一丁目店では2016年7月のオープン時点から2019年1月までの2年半、三郷彦糸店では2014年7月以降(開始時期不明)から2017年6月まで消費期限の延長を行っていました。両店のオーナーは同一人物で、店舗運営にはほとんど関与していなかったものの、この行為は把握していたといいます。

 消費期限を延長した商品の三郷天神一丁目店での販売数は最大で約1万3700個の可能性。三郷彦糸店は延長を実施していた時期が古いため把握できなかったとしています。これまで顧客からの健康被害の申し出はないとのこと。

 同社は当該店舗のオーナーと1月26日付でフランチャイズ契約を解除し、オーナーおよび不正を指示した元従業員について警察署に対応を相談中。不正に加担していた従業員は解雇しています。

 同社は再発防止策として、貼り替えができないように強粘着タイプのシールを導入する他、シールの発行枚数を本部で一括管理するシステムの導入、店内調理製造区画へのカメラ設置などを行う予定。当該商品を購入した顧客に対してはレシートと引換えに返金対応するとしています。

対象商品

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう