ニュース
» 2019年02月07日 12時00分 公開

「人気犬種ランキング2019」が発表 1位は10連覇のトイ・プードル 人気上昇は特徴的な顔の“あの犬種”

あなたはどんな犬が好き?

[カタクリコ,ねとらぼ]

 現在、非公認犬種を含めて700〜800種類もいるといわれている犬の種類。そんな数多くの犬種から「人気犬種ランキング2019」がペット保険会社のアニコムから発表されました。


ALT 不動の人気 トイ・プードル
ALT 「人気犬種ランキング2019」トップ10

 ランキング1位は同社調査で10連覇を果たす「トイ・プードル」。ぬいぐるみのような愛らしい容姿だけでなく、「物覚えがよく賢い」「被毛が抜けにくい」「体臭が少ない」といった理由からも、一緒に生活しやすい犬種として多くの人に愛されているようです。


ALT 世界で最も小さい犬種 チワワ(画像は写真ACから)

 2位は「チワワ」。ウルウルとした目が特徴的で、世界的に公認されている犬の中でも最も小さな犬種です。「被毛の手入れが簡単」「体臭が少ない」など、日々のケアが比較的簡単なことから、飼いやすい犬種として人気になっています。


ALT マルチーズ×チワワのMIX

 体重10キロ未満のMIX犬が3位。いわゆる雑種ではなく、人気犬種同士のハーフとして、「チワプー(チワワ×トイ・プードル)」や「マルチー(マルチーズ×チワワ)」などといった愛称で親しまれています。両親の特徴を受け継ぎつつ、他の誰とも違う個性的な外見や病気になりにくいことなどが人気の理由です。

 トレンドとしては、やはり小型犬が圧倒的な人気で、日本の住環境でも飼育しやすい犬種が上位にランクインしています。また、トップ10には入っていませんが、「フレンチ・ブルドッグ」「パグ」「ペキニーズ」といった短頭種の人気も高まっています。


ALT 人気急上昇中のパグ(画像は写真ACから)

 とりわけ、13位にランクインした「パグ」は、同社調べで、前々年から19位→16位→13位と、着実にランキング上げているそうです。特徴的な顔立ちに豊かな表情、どことなくユーモラスな動きがSNSでも人気を博しています。

 犬は犬種によってそれぞれ個性豊かな特性があり、相性も人それぞれ。各家庭に合った犬種を迎えて楽しめるのが、犬を飼う良いところですよね!


ALT 「人気犬種ランキング2019」トップ30

※シェアは、各社の2017年の契約件数から算出。富士経済発行『2018年ペット関連市場マーケティング総覧』調査

※集計対象:アニコム損保のペット保険「どうぶつ健保」に加入した0歳の犬 集計期間:2018年1月1日〜12月31日



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.