ニュース
» 2019年02月07日 09時00分 公開

「空耳ソング」の自動生成プログラムが開発中 きっかけは「さくらんぼ」を野球選手名だけで歌う替え歌

現状でも「地上の星」を国名だけで自動生成する試みが、ある程度形になっています。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「空耳を自動生成するプログラム」の研究・開発プロジェクトが、学術系クラウドファンディングサイト「academist(アカデミスト)」に登場しました。「タモリ倶楽部」の「空耳アワー」で聞くような、歌詞などを別系統の言葉で置き換える「空耳」を、自動で作ろうという試みです。


クラウドファンディング

 研究者は大阪大学博士後期課程2年の島谷二郎さん。YouTubeで見た替え歌動画「大塚愛『さくらんぼ』を野球選手名で歌ってみた」がツボにハマり、空耳に興味を持つようになったといいます。


さくらんぼ 島谷さんも、「さくらんぼ」の歌詞をプロ野球選手の姓か名に置き換える試みに取り組んでいます。画像はプロトタイププログラムの出力例。やっぱり「笑顔」は「江川(卓)」になりますよね

 そこから、「さくらんぼ」の動画と同様の、「種類が限定された単語による空耳」の研究を開始。自動生成プログラムの開発を進め、途中経過として「中島みゆき『地上の星』の歌詞を国名に置き換えた替え歌」の自動生成結果を公開しています。カザフスタンツ〜バル〜(風の中のすばる)、スワジランドギ〜ニア〜(砂の中の銀河)……けっこう形になってる!


地上の星 「カザフスタン」と「風の中の」は遠いですが、こういう言葉遊びって、多少強引なほうが面白かったりしますし……さじ加減難しそう

 研究の目的は、どういった文章が空耳になりうるか、どんな空耳が面白いのかといった、空耳への理解を深めること。また、自分の開発したプログラムで人を笑わせたいこと。「掛詞のような音韻の類似性を利用したユーモアに、1300年前の万葉集の時代から親しんできた日本人にとって、空耳もまた受け入れやすいユーモア」と考え、日本人である自分が世界に先がけて研究することには意味があるとしています。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  2. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  3. /nl/articles/1904/10/news098.jpg 賀来賢人、“フライデー被害風”写真が超リアル! 「本当にそろそろやめてね」と写真週刊誌への本音も
  4. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  5. /nl/articles/2110/27/news109.jpg 「納言」 薄幸、テレ朝で警備員からまさかのシャットアウト “牢獄みたいな薄暗い部屋”へ閉じ込められる事態に
  6. /nl/articles/2110/27/news025.jpg 猫よけをびっちり置いた結果……子猫が!? ちんまりくつろぐ姿に「仲間がいた」「何やっても人間の負け」と爆笑
  7. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. /nl/articles/2101/23/news043.jpg 水川あさみ、5キロ増の“愛しきぜい肉”ショットが女優の勲章 「リアルお母さん体型」「気取らないとこが素敵」と反響
  9. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  10. /nl/articles/2110/26/news181.jpg 「学校へ行こう!」出演のパークマンサー、V6へ感謝のメッセージ 「ホントにホントにありがと言っちゃうアホだよ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙