ニュース
» 2019年02月07日 15時15分 公開

落とした単位を追悼する「単位のお墓」がワンフェスに登場 「今学期は死ぬなよ…」など弔いのコメント

就活より終活。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 取りこぼしてしまった単位を追悼するための「単位のお墓」が、2月10日に幕張メッセで開催予定のワンダーフェスティバル2019(冬)で頒布されます。思わず手を合わせたくなる大学生も多いのでは。



単位のお墓 R.I.P.

 製作者はせう(@thw__)さん。3Dプリンタで作られた墓標には、「単位」の二文字が潔く刻まれています。戻らない単位に思いをはせるもよし、テスト勉強中に眺めて自分を戒めるもよし。Twitterでは「留年したなぁ(遠い目)」「今学期は死ぬなよ…」など、単位を亡くした人たちから弔いのコメントが多く寄せられています。


単位のお墓 「留年生の墓」にならないように勉強しましょう。

 価格は500円。販売予定数は40個程度で、今後の進捗によっては増える可能性もあるとのこと。せうさんの所属するディーラー「なんか作ろうよ」のブースは5-03-07。「Fate/ Grand Order」よりアビゲイルのフィギュアなどを出展する予定です。


単位のお墓

画像提供:せうWF5-03-07(@thw__)さん。




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.