ニュース
» 2019年02月07日 19時00分 公開

高齢者「運転に自信あり」7割 NEXCO東「高速道路の逆走」について意識調査を実施、65歳以上のドライバーが対象

高速道路の逆走「自分は関係ない」35%という結果も。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 高齢ドライバーは自分の運転に自信がある――。NEXCO東日本が65歳以上の高齢ドライバーを対象とした意識調査を実施。65歳以上の男女104人の回答などをまとめた調査結果が公開されました。

高齢ドライバー意識調査 NEXCO東日本が65歳以上の高齢ドライバーを対象とした意識調査を行いました

 アンケートによれば「車の運転に自信はありますか」という質問に対して、65歳以上の高齢ドライバーの76.0%が「自信がある」と回答しており、男性ドライバーでは80.7%が自信があると回答しています。

高齢ドライバー意識調査 「運転に自信はあるか?」というアンケート。男性の方が運転に自信があると回答
高齢ドライバー意識調査 こちらは年代別にまとめた結果。年齢が高いほど自信があるという傾向

 自身があると答えた高齢ドライバーの割合は、年齢が重ねるほど高くなる傾向があり、75歳以上では79.4%となっています。

 また、昨今話題になっている「免許返納」について、「返納しても良いと思う年齢」を聞いたところ、65〜69歳では76.8歳、70〜79歳では79.7歳、80歳以上では82.5歳という結果に。おおよそですが、80歳前後が妥当と考えているようです。

高齢ドライバー意識調査 免許を返納しても良いと思う年齢

 「高速道路の逆走」を起こすドライバーの過半数(66%)が65歳以上の高齢ドライバーによるものという問題に対する意識を問うアンケート項目では、「自分も車を運転するので関係ある」と答えた人が58.7%、「自分は逆走を起こさないと思うので関係ない」という回答が35.6%となっており、意識している人が過半数いるものの、関係ないと思っている人も多いことがわかりました。

高齢ドライバー意識調査 65歳以上が66%
高齢ドライバー意識調査 高速道路での逆走に関する質問

 NEXCO東日本では今回の意識調査の結果を元に、高齢ドライバーとその家族に向けた高速道路での逆走防止を呼びかけるサイトを公開しています。免許返納や普段の運転について親子で話すきっかけになればと、各アンケート項目の解説から「家族みんなで 無くそう逆走プロジェクト」という3つのアクションを呼びかけています。

(カナブンさん)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう