ニュース
» 2019年02月09日 20時00分 公開

「店から出たら自信を持って逆方向に歩き出す」 方向音痴にありがちなこと漫画に迷い人たちから「分かる」の声

方向感覚がちゃんとした人から「ふざけているのか」と怒られるけどこっちは大真面目です。

[コンタケ,ねとらぼ]

 漫画家の橋本ナオキさん(@Abhachi_Graphic/別アカウント「毎日でぶどり」)がTwitterに投稿した、「方向音痴にありがちなこと」漫画が多くの方向音痴から賛同の声を集めています。ああ、どれも身に覚えが……。




方向音痴 あるある ありがちなこと とても分かる

 全7つの「方向音痴あるある」がまとめられているのですが、その1つ目が「店を出たら自身を持って逆方向に1歩を踏み出す」というもの。あーもうこれ……! ほんとこれ……!! おそらく、方向音痴の大多数は心当たりがあるのではないでしょうか。「いやそっちじゃない」と何度言われたことか。


方向音痴 あるある ありがちなこと 取りあえず人の流れに乗ってみる

 その2は、「取りあえず大勢が向かう方に行ってみる」。皆自分の目的地と同じところに向かっているだろうという、謎の自信からこの行動に出ます。たまにこれで本当に目的地にたどり着けてしまい学習してしまうため余計たちが悪い。

 その3「いつも正しいと思う方向が間違っているからあえてその逆に行ってみたらそっちも違う」。その1の延長のようなもので、店から出て正しいと思う方向の逆に行ったときだけ、最初に進もうとしていた方向で合っているのです。何で?


方向音痴 あるある ありがちなこと 迷うきっかけとして多い2つ


方向音痴 あるある ありがちなこと Googleもお手上げ

 その4〜6「目印が見えなくなったら一巻の終わり」「電車は行き先を見ずに取りあえず乗ってみる」「地図アプリを見ながらスマホを回すが画面が回って訳が分からなくなる」も、全て1回以上は経験済みです。方向音痴は皆同じ行動に出るということなのでしょうか……。おまけの大阪編では、「お初天神に行こうとしたらいつの間にか阪急にいる」というローカルネタも。

 この漫画にリプライ欄では、「全部当てはまります」「建物に入って出てくると方角が分からなくなってる」「同じ場所の永遠周回、人に聞いてもなぜか間違えるも追加で」「迷ってることに気付けないときはあの店潰れたんだって自分を納得させることに慣れてきた」「GoogleMapsぐるぐる回るし音声案内も信用できなくなってる」「はじめての場所に迷わず行けたことがない」といった声が寄せられていました。仲間がいっぱいで安心だ!

 作者の橋本ナオキさんは、単行本『会社員でぶどり』を販売中です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」