ニュース
» 2019年02月09日 15時05分 公開

かつて日本橋や秋葉原に存在したジャンクショップを再現 東京・八王子で「ジャンクフェス」が開催

「路上販売のおやじになりきるインスタスポット」もあるよ!

[宮原れい,ねとらぼ]

 かつて日本橋や秋葉原にあったようなジャンクショップを再現した「ジャンクフェス」が、東京・八王子にある故障PCの買い取り店「ごみパソ」店舗にて2月17日に開催されます。あの頃の雰囲気を感じて思い出話に花が咲きそう。



 さまざまなジャンク品が入った複数の折りたたみコンテナが床に並び、周囲にもジャンクの液晶やプリンタやレコーダーなどなどが陳列されたジャンクショップを、同社の倉庫にて展開。利益目的の販売ではないため、それぞれに付けられた値段は素材の卸し価格という“激安”に設定されているとのことです。


いっとく ジャンクフェス 無人販売 PayPay ジャンクショップ 電気街 再現 ジャンクフェスの店内イメージ

 ごみパソを運営する「いっとく」の永野間祐一社長は「自分の商売の原点は『日本橋』『秋葉原』にあった中古・ジャンクショップ屋からの仕入で、ジャンクショップには深い思い入れがある」と、以前からジャンク販売に興味があり、今回“フェス”という形態で実験的に実施。15年くらい前の電気街にあったようなジャンクショップを再現しつつ、これまでにないショップに挑戦したいという思いから、決済サービス「PayPay」を利用した「無人販売」での開催に挑戦しています。


いっとく ジャンクフェス 無人販売 PayPay ジャンクショップ 電気街 再現 PayPayのQRコードを使ったセルフ決済で購入します(「ごみパソ」のイベントページ

 そのため同フェスではQRコードを使ったセルフ決済にしか対応しておらず、現金での支払いは不可。ジャンク品なので動作保証が無いのはもちろんのこと、無人なので質問・返品も不可となっています(※決済に関する問い合わせはメールで受付)。ちなみに24時間営業にも挑戦したかったそうですが、「予測不能なことが起こるかもしれないので」とやめたそうです。


いっとく ジャンクフェス 無人販売 PayPay ジャンクショップ 電気街 再現 行く前にあらかじめ「PayPay」をダウンロードして設定しておきましょう

 その他の企画として、細かすぎて伝わらないモノマネ的な「路上販売のおやじになりきるインスタスポット」も用意。ジャンクフェスのTwitterアカウント(@53pc_jfes)では、なりきりのコツとして「マスクをつける」「ジャンパーを着る」「すこしうつむく」「『あるよー』『正真正銘の本物だよ』というセリフ」「1分ごとにキョロキョロする」が紹介されています。予想外なノスタルジーを刺激してきた……。




 開催時間は11時〜18時までで、禁止事項を含む詳細はごみパソのイベントページにて確認できます。今後については試験的に月1くらいで続けたいという永野間社長。「あの雰囲気が好きな人はぜひ遊びにきてください。買わないで見るだけでも結構です」とのことで、電気街のジャンクショップに通っていた人は覗いてみるといいかもしれません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう