ニュース
» 2019年02月09日 17時10分 公開

アニメ版「ちぃたん☆」の今後について テレ東は「コメントできることはございません」

現時点ではノーコメント。

[ねとらぼ]

 人気のゆるキャラ「ちぃたん☆」に対し、高知県須崎市が著作権侵害および不正競争防止法違反を根拠に活動停止を求め、ちぃたん☆側が反発している件。

 渦中のちぃたん☆をアニメ化した作品「妖精ちぃたん☆」の放送を4月に控えるテレビ東京に、放送予定に変更はないか取材を申し込んだところ、「現時点で、新たにコメントできることはございません。番組制作の詳細についてのお答えは、控えさせて頂きます」との回答がありました。



 しんじょう君とちぃたん☆は同一の作者によるデザインであることが知られていますが、しんじょう君のが生まれたのが2013年であるのに対し、ちぃたん☆は2017年。しんじょう君の著作権を有する須崎市側は、ちぃたん☆が市のマスコットキャラクター「しんじょう君」に酷似していることや、ちぃたん☆の過激なパフォーマンスにより市に多数の苦情が届いていることを理由に、活動停止を求める通知を申し入れました(関連記事)。

 一方でちぃたん☆のマネジメントを担当しているクリーブラッツ側は、デザイナーやきぐるみの製造会社を紹介したのは須崎市側で、逐次市側に許諾を得た上で活動を行ってきたと説明(関連記事)



 話し合いの行方に注目が集まる中、セガのスマートフォン・PC向けゲーム「龍が如く ONLINE」でのちぃたん☆コラボが中止になるなど、関連作品への影響も懸念されていました(関連記事)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう