ニュース
» 2019年02月10日 08時00分 公開

海洋堂から「カニ」のフィギュア登場 可動域を完全再現した「リボジオ アカテガニ」

両目も可動!

[林美由紀,ねとらぼ]

追記:発売日が6月25日に延期になりました。


 海洋堂は可動生物フィギュアシリーズ"リボジオ"の第2弾「アカテガニ」を6月15日に発売します。全幅約140mm、全高約73mm、価格は6800円(税別)。


アカテガニ01 カッコイイ!

 アカテガニは四角い甲羅にニッコリ笑った口のようなラインが入ったユーモラスな姿が特徴。赤いハサミの鮮やかさが目を引くベンケイガニ科のカニです。そんなアカテガニを約2倍の拡大スケールで再現。


アカテガニ05 甲羅にスマイル

 可動ポイントは真っ赤なハサミを備えた鉗脚(かんきゃく)。脚の付け根からハサミの開閉まで片方に4個の可動ジョイントが使用され、本物のカニの可動域を再現しています。


アカテガニ06 自在に稼働する訳ではなく、あくまでも本物のアカテガニの稼働を再現

 甲羅にぴったり沿うように畳んだ状態から大きく掲げた姿まで、自然なポージングが可能。両目も可動して、甲羅に収納したりにょっきり突き出したりと表情をつけることもできます。


アカテガニ07 両目で表情をつけることも可能

 甲羅を支える4対の歩脚は、安定した姿勢を保持し飾ることができるよう無可動となっていますが、ABS製で細かいトゲのひとつひとつまでリアルさが追及されていて、腹側の複雑な作りも見どころです。

 ハサミの赤は透明感のある美しいグラデーション。灰褐色に黄色の模様が入った甲羅など、塗装でもアカテガニの特徴的な体色が完全再現されています。

 両手いっぱいに広がる可動式フィギュア「アカテガニ」。"本物"にこだわったつくりに、造形総指揮にあたる松村しのぶ氏や原型師陣の観察力と表現が光ります。とにもかくにもカッコイイの一言です! 


アカテガニ02


アカテガニ03


アカテガニ04


アカテガニ08

画像提供:海洋堂



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む