ニュース
» 2019年02月11日 20時00分 公開

「涙が滝のように流れる」 “幽霊が見える葬儀屋さん”が家族の思いをつなぐ漫画が感動呼ぶ(1/2 ページ)

相手を思いやる優しい人たちのお話。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 誰にでもいつかは訪れるのが“死”。病気であったり事故であったり、人によって最期の迎え方はさまざまです。中には何かを思い遺したまま死を迎える人もいるでしょう。幽霊が見える葬儀屋さんが、後悔を引きずったまま離れ離れになってしまった姉妹を笑顔へ導く漫画「ようこそ亡霊葬儀屋さん」が感動を呼んでいます。

kilightit 幽霊 死化粧 亡くなった姉に化粧をしたいと申し出る妹ですが……

 事故死した女優の葬儀を受けることになった、幽霊が見える葬儀屋さん。女優の妹が自分でエンゼルメイク(亡くなった人の顔を整える処置)をしたいと申し出てきました。事故死した姉の変わり果てた顔をまだ見ていない彼女に「今のお姉さんと向き合う覚悟はありますか?」と問う葬儀屋さん。実は死んだ姉から「妹にエンゼルメイクをさせるな」という依頼を受けていました。姉は今のひどい顔を妹にだけは見られたくなかったのです。そして姉にはまだ何か心残りがある様子。

kilightit 幽霊 死化粧 送り出される人が視えてしまう葬儀屋さんは死者に寄り添ってくれます
kilightit 幽霊 死化粧 エンゼルメイクは葬儀屋さんがやってくれることが多いのですが、妹はどうしても自分でやりたいのでした
kilightit 幽霊 死化粧 傷だらけの姉の顔を真近で見ながらメイクができるかどうか

 妹を事故現場に連れていき、ここに姉がいると告げる葬儀屋さん。姉の死を引き起こしたのは自分であり、最後まで迷惑をかけたと後悔を語る妹を見て、葬儀屋さんはその場で姉に本音を尋ねます。彼から姉の気持ちを伝えられた妹は、あらためてエンゼルメイクをする決意をしたのでした。

kilightit 幽霊 死化粧 姉が死んだ日は妹の誕生日でもありました
kilightit 幽霊 死化粧 最後が喧嘩別れだなんて……
kilightit 幽霊 死化粧 姉の口調で言われたので、葬儀屋さんが言うことは姉の言葉だと確信できたのかもしれません

 姉のメイク担当をするのが夢だった妹ですが、姉からは「私を満足させるメイクができるようになったら考えてもいい」と言われたきり。姉の最後の舞台とも言える葬儀に見事なメイクを施した妹は、葬儀屋さんに渡された化粧筆を返そうとしますが、実はその筆が姉からの誕生日プレゼントだったこと、事故の中でも奇跡的に無傷だったことを伝えられます。姉が葬儀屋さんに隠していた本当の心残りである「妹へ誕生日プレゼントを渡すこと」が果たされて、姉は初めて葬儀屋さんに笑顔を見せるのでした。

kilightit 幽霊 死化粧 メイク技術を認めることができたらご褒美をあげるという約束をしていました
kilightit 幽霊 死化粧 言葉にしなくとも、葬儀屋さんには姉の本当のお願いが分かっていたのでした
kilightit 幽霊 死化粧 ただの誕生日プレゼントではなく、もっと意味のあるものかもしれません

 この作品には、多くの読者から「尊すぎて(涙が)滝のように流れてしまう」「涙が止まりませんでした」「死者の話なのに何故か前を向ける気がする」などの感動したという感想が寄せられています。お互いを思い合う姉妹と、遺された人だけではなく亡くなった人が思い残したことを解消してくれた葬儀屋さん。死や後悔という重いテーマながらも、ラストは幸せに満ちていました。

 漫画の作者はTwitterで創作漫画やイラストを投稿している吉良いと(@kilightit)さん。「ようこそ亡霊葬儀屋さん」は、以前にジャンプ+に掲載されたもので「2018年12月期ブロンズルーキー賞」を受賞しています。

kilightit 幽霊 死化粧
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. DAIGO、姉・影木栄貴のシニア婚に感慨「アスランが好き過ぎて」「人生何が起こるかわからない」 義妹・北川景子が後押し
  2. 大阪王将「ナメクジの侵入があった」と認める 告発者は「ナメクジが6匹並んでいた」と発言
  3. かわいすぎるおっさんだな! 橋本環奈、23歳にして自宅にビールサーバーを設置 すっぴんで「ぷはー……うまっ」「おいしすぎてビックリ」
  4. 「お先にどうぞ」で歩行者妨害は不成立 道を譲られたドライバーの交通違反が撤回へ 警察が謝罪
  5. 大型犬「こわいよぅ!」→先生「震えすぎて心臓の音が聞こえません笑」 診察を必死に頑張るハスキーが応援したくなる
  6. 益若つばさ、休業を宣言 骨折直後の“死体みたい”な写真とともに「命が危なかったか下半身不随」の可能性あったと告白
  7. 坂口杏里さん、夫の前で“推し男性”に抱きつく画がカオスすぎる 「本当にこんなに好きになった人、7年間の元カレと王子だけ」
  8. スタッフが掃除していると、ウミガメたちが列を作って…… 甲羅磨きをねだる姿が「かわいいw」「気持ちいいのかな?」と話題に
  9. 「担保に傷いったのがショック」 粗品、535万円したレクサス白に擦り傷 購入報告からわずか2日の惨事に落胆
  10. 柴犬さんが「じいじとばあばのお布団の間」に一番乗り! 最高にいとおしい寝姿に癒やされる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい