ニュース
» 2019年02月11日 20時00分 公開

「涙が滝のように流れる」 “幽霊が見える葬儀屋さん”が家族の思いをつなぐ漫画が感動呼ぶ(1/2 ページ)

相手を思いやる優しい人たちのお話。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 誰にでもいつかは訪れるのが“死”。病気であったり事故であったり、人によって最期の迎え方はさまざまです。中には何かを思い遺したまま死を迎える人もいるでしょう。幽霊が見える葬儀屋さんが、後悔を引きずったまま離れ離れになってしまった姉妹を笑顔へ導く漫画「ようこそ亡霊葬儀屋さん」が感動を呼んでいます。

kilightit 幽霊 死化粧 亡くなった姉に化粧をしたいと申し出る妹ですが……

 事故死した女優の葬儀を受けることになった、幽霊が見える葬儀屋さん。女優の妹が自分でエンゼルメイク(亡くなった人の顔を整える処置)をしたいと申し出てきました。事故死した姉の変わり果てた顔をまだ見ていない彼女に「今のお姉さんと向き合う覚悟はありますか?」と問う葬儀屋さん。実は死んだ姉から「妹にエンゼルメイクをさせるな」という依頼を受けていました。姉は今のひどい顔を妹にだけは見られたくなかったのです。そして姉にはまだ何か心残りがある様子。

kilightit 幽霊 死化粧 送り出される人が視えてしまう葬儀屋さんは死者に寄り添ってくれます
kilightit 幽霊 死化粧 エンゼルメイクは葬儀屋さんがやってくれることが多いのですが、妹はどうしても自分でやりたいのでした
kilightit 幽霊 死化粧 傷だらけの姉の顔を真近で見ながらメイクができるかどうか

 妹を事故現場に連れていき、ここに姉がいると告げる葬儀屋さん。姉の死を引き起こしたのは自分であり、最後まで迷惑をかけたと後悔を語る妹を見て、葬儀屋さんはその場で姉に本音を尋ねます。彼から姉の気持ちを伝えられた妹は、あらためてエンゼルメイクをする決意をしたのでした。

kilightit 幽霊 死化粧 姉が死んだ日は妹の誕生日でもありました
kilightit 幽霊 死化粧 最後が喧嘩別れだなんて……
kilightit 幽霊 死化粧 姉の口調で言われたので、葬儀屋さんが言うことは姉の言葉だと確信できたのかもしれません

 姉のメイク担当をするのが夢だった妹ですが、姉からは「私を満足させるメイクができるようになったら考えてもいい」と言われたきり。姉の最後の舞台とも言える葬儀に見事なメイクを施した妹は、葬儀屋さんに渡された化粧筆を返そうとしますが、実はその筆が姉からの誕生日プレゼントだったこと、事故の中でも奇跡的に無傷だったことを伝えられます。姉が葬儀屋さんに隠していた本当の心残りである「妹へ誕生日プレゼントを渡すこと」が果たされて、姉は初めて葬儀屋さんに笑顔を見せるのでした。

kilightit 幽霊 死化粧 メイク技術を認めることができたらご褒美をあげるという約束をしていました
kilightit 幽霊 死化粧 言葉にしなくとも、葬儀屋さんには姉の本当のお願いが分かっていたのでした
kilightit 幽霊 死化粧 ただの誕生日プレゼントではなく、もっと意味のあるものかもしれません

 この作品には、多くの読者から「尊すぎて(涙が)滝のように流れてしまう」「涙が止まりませんでした」「死者の話なのに何故か前を向ける気がする」などの感動したという感想が寄せられています。お互いを思い合う姉妹と、遺された人だけではなく亡くなった人が思い残したことを解消してくれた葬儀屋さん。死や後悔という重いテーマながらも、ラストは幸せに満ちていました。

 漫画の作者はTwitterで創作漫画やイラストを投稿している吉良いと(@kilightit)さん。「ようこそ亡霊葬儀屋さん」は、以前にジャンプ+に掲載されたもので「2018年12月期ブロンズルーキー賞」を受賞しています。

kilightit 幽霊 死化粧
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる