ニュース
» 2019年02月12日 07時30分 公開

親「保育園増やして!」→国「子連れ出勤を支援します」 希望と政策のすれ違いを嘆く風刺漫画が話題に

う〜ん……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 2016年に、はてな匿名ダイアリーのエントリ「保育園落ちた日本死ね!!!」が話題になって以来、くすぶり続ける待機児童問題(関連記事)。その後政府も対策を打ち出してはいるものの、どこかピントがズレていないか――そう指摘する風刺漫画が話題を呼んでいます。



アイキャッチ 風刺とはいえデフォルメ描写が過剰なところもあるが、政府の意向が子育て世代の親にこう映っているともいえる

 作者はTwitterユーザーの野井湧水(@noynoyes)さん。保育園の入所不承諾通知を受けた主婦を主人公に、その不満を描いています。「子どもを預けられなければ働けない……政府は働く女性を応援するのではないのか?」と怒りの声を上げると、戯画化された政府が「STOP! 少子化」のうちわを掲げて登場。子育て世代のためにがんばっていると主張します。


1P

 では、具体的にどう応援してくれるのかと問うと、回答は「幼児教育の無償化」で、しかも財源は増税。主人公は、保育園を増やして待機児童を解消するほうが先だと反論します。そして、実情を把握していないように見える政府の対応に、「ちゃんと困ってる人のことを見て、少子化対策だと言うのなら、まず子どもが保育園に入れるようにしてください」と、あらためて願います。


2P

3P 政府も2020年度末までに32万人分の待機児童解消の受け皿を整備するため、保育士の処遇改善などにも取り組む「人づくり革命」を掲げてはいますが……

 しかし、政府はこれまでの流れを無視したかのように、「子連れ出勤」の支援案を提示。実施した場合のトラブルを想定していなさそうな施策に、主人公はあきれて立ち尽くすのでした。


4P

 こうして子育て世代の不満を表した漫画は、多くの共感を呼びました。特に「子連れ出勤」には厳しい意見が多く、「保育士の仕事が軽く見られているとしか思えない」「なるべくお金をかけずに待機児童問題を解決しようとするから、こんな非現実的な発想が出るのでは」といった批判の声が上がっています。

 一方、待機児童問題については、「地方では子どもが少なく保育園はガラガラ」と、都市部との温度差を指摘する声も。「少子化傾向の昨今、安易に都市部へ保育園を増やすのではなく、仕事や生活を地方へ分散させる政策が必要」と、別角度からの意見が出ています。

作品提供:野井湧水(@noynoyes)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.