ニュース
» 2019年02月12日 12時58分 公開

フォトジェニックうんこやクソゲーを展示 体感型施設「うんこミュージアム YOKOHAMA」が3月15日オープン

人類未体験のウンターテイメント。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 「うんこ」をテーマにした体感型コンテンツ「うんこミュージアム YOKOHAMA」が3月15日〜7月15日の期間、横浜駅(神奈川県横浜市)直結のアミューズメント施設「アソビル」で開催されます。会場には童心をくすぐるクソゲーが展示され、色とりどりのうんこがフォトジェニックな輝きを放ちます。


うんこミュージアム

 施設内には大きく3つのエリアが設けられており、「見る」「触る」「撮る」「遊ぶ」といったさまざまな形で、うんこを通じた新しい体験を国籍や年齢に関係なく楽しめるとのこと。

 「ウンスタジェニックエリア」は、その名の通りうんこ×インスタ映えという未知のシチュエーションに出会えるコーナー。遊びに特化した「ウンタラクティブエリア」には体感型ゲームやクソゲーが並びます。うんこにまつわる歴史やグッズ、著名人によるイラストが飾られる「ウンテリジェンスエリア」も見逃せません。


うんこミュージアム 十人十色のうんこを撮影できるフォトスポット「ウンスタジェニックエリア」

うんこミュージアム 子供から大人まで体を使って楽しめる「ウンタラクティブエリア」

うんこミュージアム うんこにまつわる展示物が並ぶ「ウンテリジェンスエリア」

うんこミュージアム メイン広場にはオブジェが噴火を続けるうんこのオブジェが

 施設のテーマソングは水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミさんとFrascoのコラボレーションとなっており、ケンモチヒデフミさんがトラック制作、峰らるさんがボーカルを担当します。

※初掲載時、「水曜日のカンパネラとFrascoのコラボレーション」としていましたが正しくは「水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミさんとFrascoのコラボレーション」でした。お詫びして訂正致します。

 入場料は大人(中学生以上)が1600円、小学生が900円。小学生未満は無料です。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む