ニュース
» 2019年02月12日 12時58分 公開

フォトジェニックうんこやクソゲーを展示 体感型施設「うんこミュージアム YOKOHAMA」が3月15日オープン

人類未体験のウンターテイメント。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 「うんこ」をテーマにした体感型コンテンツ「うんこミュージアム YOKOHAMA」が3月15日〜7月15日の期間、横浜駅(神奈川県横浜市)直結のアミューズメント施設「アソビル」で開催されます。会場には童心をくすぐるクソゲーが展示され、色とりどりのうんこがフォトジェニックな輝きを放ちます。


うんこミュージアム

 施設内には大きく3つのエリアが設けられており、「見る」「触る」「撮る」「遊ぶ」といったさまざまな形で、うんこを通じた新しい体験を国籍や年齢に関係なく楽しめるとのこと。

 「ウンスタジェニックエリア」は、その名の通りうんこ×インスタ映えという未知のシチュエーションに出会えるコーナー。遊びに特化した「ウンタラクティブエリア」には体感型ゲームやクソゲーが並びます。うんこにまつわる歴史やグッズ、著名人によるイラストが飾られる「ウンテリジェンスエリア」も見逃せません。


うんこミュージアム 十人十色のうんこを撮影できるフォトスポット「ウンスタジェニックエリア」

うんこミュージアム 子供から大人まで体を使って楽しめる「ウンタラクティブエリア」

うんこミュージアム うんこにまつわる展示物が並ぶ「ウンテリジェンスエリア」

うんこミュージアム メイン広場にはオブジェが噴火を続けるうんこのオブジェが

 施設のテーマソングは水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミさんとFrascoのコラボレーションとなっており、ケンモチヒデフミさんがトラック制作、峰らるさんがボーカルを担当します。

※初掲載時、「水曜日のカンパネラとFrascoのコラボレーション」としていましたが正しくは「水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミさんとFrascoのコラボレーション」でした。お詫びして訂正致します。

 入場料は大人(中学生以上)が1600円、小学生が900円。小学生未満は無料です。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」