ニュース
» 2019年02月12日 13時50分 公開

映画「キャプテン・マーベル」公式サイトが古典的で懐かしい 「ロゴが虹グラデ」「過剰なGIFアニメ」

本編は1990年代が舞台。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 映画「キャプテン・マーベル」(3月15日公開)の米公式サイトが、20年ほど前にタイムスリップしたような感覚を味わわせてくれます。ロゴがアニメーションで虹色に輝いたり、過剰なまでにGIFアニメが配置されていたり、演出が古典的すぎる。


トップページ うわあ懐かしっ! やたら主張してくる左側のおばあさんについては後述します

 ほかにも、7セグ表示のアクセスカウンターや、やたら飛び出してくる見出し文字など、ツッコんでいたらキリがないこのサイト。登場人物の画像やトレーラーなど、映画のサイトとして必要な情報はそろっているものの、小さめに掲載されているせいでチープに映ります。

 同作は90年代が舞台。サイトでも重いコンテンツが敬遠されていたナローバンド時代を意識しているのでしょうね。


あらすじ 背景は意図的に色数を落としてある

見出し 見出しの文字が手前にニョキニョキ伸びてくる過剰な演出

ニック・フューリー キリヌキの甘い背景画像がたまらない。下のリンク切れはおそらく、わざとページ制作の不備を演出している

トレーラー トレーラーも枠がものすごく小さく、昔のRealPlayerを思わせる(ENHANCEボタンでフルスクリーン化は可能)

掲示板 現代のサイトならば、公式Twitterのタイムラインが載っていそうな場所にゲストブックが(ダミーなので書き込みはできない)

 さらに、閲覧中に四方からおばあさんが飛び出してくる謎演出も。この人物は予告編で主人公に殴られるシーンのインパクトが絶大で、海外で話題を呼んでいました。ネットミームになるほどの人気は公式も把握していたのか、サイトに出てくるおばあさんをクリックすると攻撃できる仕掛けになっています。


おばあさんおばあさん クリックでパ〜ンチ

擬態

擬態 画面の人物がスクラル人か地球人か当てるミニゲームも

(C)2019 MARVEL


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. /nl/articles/2008/09/news006.jpg お風呂に入れられ激オコ顔の猫ちゃん しかし…… ギャップのあるリアクションが面白かわいい
  3. /nl/articles/2008/10/news030.jpg 漫画『アクタージュ act-age』週刊少年ジャンプ36・37合併号の掲載をもって打ち切り決定 原作者の逮捕受け週刊少年ジャンプ編集部が発表
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/10/news005.jpg 犬「わーい!」→「なんか違った……」 プールに入ったポメラニアンの表情ビフォーアフターがかわいい
  6. /nl/articles/1811/13/news086.jpg 「ババアはいらねぇ」「死んじまえ」 ディズニーランドの“キャラクター出演者”がパワハラ巡り訴訟 原告が「ゲストの夢最優先してきたが限界」と涙の訴え
  7. /nl/articles/2008/10/news010.jpg 友達は数じゃない、年齢や肩書でもない――年齢も立場も全く違うゲーム友達を描いた漫画に「素敵な関係」
  8. /nl/articles/2008/09/news019.jpg ジャンプ編集部、『アクタージュ』原作者逮捕の報道にコメント 「重く受け止めております」
  9. /nl/articles/2008/10/news025.jpg 「紙の呼吸 壱ノ型!」 段ボールで作った『鬼滅の刃』“伊之助の被り物”が「伊之助そのもの」「欲しい」とTwitterで絶賛
  10. /nl/articles/2008/10/news001.jpg 「てめぇフォロワーは何人だ!」街でぶつかった人に斜め上の怒鳴られ方をする「耐え子の日常」ープレッシャー編ー