ニュース
» 2019年02月12日 13時50分 公開

映画「キャプテン・マーベル」公式サイトが古典的で懐かしい 「ロゴが虹グラデ」「過剰なGIFアニメ」

本編は1990年代が舞台。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 映画「キャプテン・マーベル」(3月15日公開)の米公式サイトが、20年ほど前にタイムスリップしたような感覚を味わわせてくれます。ロゴがアニメーションで虹色に輝いたり、過剰なまでにGIFアニメが配置されていたり、演出が古典的すぎる。


トップページ うわあ懐かしっ! やたら主張してくる左側のおばあさんについては後述します

 ほかにも、7セグ表示のアクセスカウンターや、やたら飛び出してくる見出し文字など、ツッコんでいたらキリがないこのサイト。登場人物の画像やトレーラーなど、映画のサイトとして必要な情報はそろっているものの、小さめに掲載されているせいでチープに映ります。

 同作は90年代が舞台。サイトでも重いコンテンツが敬遠されていたナローバンド時代を意識しているのでしょうね。


あらすじ 背景は意図的に色数を落としてある

見出し 見出しの文字が手前にニョキニョキ伸びてくる過剰な演出

ニック・フューリー キリヌキの甘い背景画像がたまらない。下のリンク切れはおそらく、わざとページ制作の不備を演出している

トレーラー トレーラーも枠がものすごく小さく、昔のRealPlayerを思わせる(ENHANCEボタンでフルスクリーン化は可能)

掲示板 現代のサイトならば、公式Twitterのタイムラインが載っていそうな場所にゲストブックが(ダミーなので書き込みはできない)

 さらに、閲覧中に四方からおばあさんが飛び出してくる謎演出も。この人物は予告編で主人公に殴られるシーンのインパクトが絶大で、海外で話題を呼んでいました。ネットミームになるほどの人気は公式も把握していたのか、サイトに出てくるおばあさんをクリックすると攻撃できる仕掛けになっています。


おばあさんおばあさん クリックでパ〜ンチ

擬態

擬態 画面の人物がスクラル人か地球人か当てるミニゲームも

(C)2019 MARVEL


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう