ニュース
» 2019年02月12日 13時50分 公開

映画「キャプテン・マーベル」公式サイトが古典的で懐かしい 「ロゴが虹グラデ」「過剰なGIFアニメ」

本編は1990年代が舞台。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 映画「キャプテン・マーベル」(3月15日公開)の米公式サイトが、20年ほど前にタイムスリップしたような感覚を味わわせてくれます。ロゴがアニメーションで虹色に輝いたり、過剰なまでにGIFアニメが配置されていたり、演出が古典的すぎる。


トップページ うわあ懐かしっ! やたら主張してくる左側のおばあさんについては後述します

 ほかにも、7セグ表示のアクセスカウンターや、やたら飛び出してくる見出し文字など、ツッコんでいたらキリがないこのサイト。登場人物の画像やトレーラーなど、映画のサイトとして必要な情報はそろっているものの、小さめに掲載されているせいでチープに映ります。

 同作は90年代が舞台。サイトでも重いコンテンツが敬遠されていたナローバンド時代を意識しているのでしょうね。


あらすじ 背景は意図的に色数を落としてある

見出し 見出しの文字が手前にニョキニョキ伸びてくる過剰な演出

ニック・フューリー キリヌキの甘い背景画像がたまらない。下のリンク切れはおそらく、わざとページ制作の不備を演出している

トレーラー トレーラーも枠がものすごく小さく、昔のRealPlayerを思わせる(ENHANCEボタンでフルスクリーン化は可能)

掲示板 現代のサイトならば、公式Twitterのタイムラインが載っていそうな場所にゲストブックが(ダミーなので書き込みはできない)

 さらに、閲覧中に四方からおばあさんが飛び出してくる謎演出も。この人物は予告編で主人公に殴られるシーンのインパクトが絶大で、海外で話題を呼んでいました。ネットミームになるほどの人気は公式も把握していたのか、サイトに出てくるおばあさんをクリックすると攻撃できる仕掛けになっています。

問題のシーンは1分30秒ごろ

おばあさんおばあさん クリックでパ〜ンチ

擬態

擬態 画面の人物がスクラル人か地球人か当てるミニゲームも

(C)2019 MARVEL


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響