ニュース
» 2019年02月13日 20時00分 公開

「こんなことあるんだ」「SNSの良さが伝わる出来事」 猫を介した文通が起こした7年越しの奇跡

伝書鳩ならぬ伝書猫。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 1匹の猫ちゃんを通して生まれた交流がTwitterで話題です。7年越しにつながった2人と猫のエピソードに心が震えます。



 Twitterユーザーのキャットクリニックさんが投稿したのは自宅のデッキによく遊びに来ていた猫ちゃんとの思い出。白黒の猫ちゃんを“クロちゃん”と呼びかわいがっていたそうです。


猫の文通 “クロちゃん”と命名された猫ちゃん

 ある日、ノミ取り首輪をして現れたクロちゃん。「やはり飼い猫だったのか」と思ったキャットクリニックさんは、猫ちゃんが遊びに来ていることの報告と、名前をたずねる簡単な手紙を首輪に結び付けました。


猫の文通 飼い猫であることが分かり、首輪にお手紙を結び付けました

 すると翌日、首輪に返信が。そこには“ダイズ”ちゃんという名前と「これからも仲良くしてください」というあいさつが書かれていました。


猫の文通 返信には“ダイズ”ちゃんという名前が書かれていました

 このやりとりが紹介されると「ほっこりしました」「伝書鳩ならぬ伝書猫ですね」「漫画『かぜかなた』みたい」と話題に。ダイズちゃんの飼い主こんぼ@さんの元にも届き、リプライがありました。



 こんぼ@さんのリプライは長文のお手紙とダイズちゃんの写真。手紙には、このやりとりが数年前の出来事であること、ダイズちゃんの首輪に手紙が付いてきた時は家族で盛り上がったこと、かわいがってもらったことへの感謝などがつづられています。

 ダイズちゃんは2017年の夏に永眠したそうですが、「お世話になった人に報告ができてよかった」というこんぼ@さん。1匹の猫ちゃんを介して生まれた小説みたいな交流に心があたたまります。


猫の文通 ダイズちゃんへの思いがつづられています
猫の文通 確かに同じ猫ちゃん!
猫の文通 狭いところが好きなの?
猫の文通 リラックスした姿がかわいい

猫の文通 ほのぼの

猫の文通 ダイズちゃん

猫の文通 すてきな1枚

画像提供:キャットクリニック(@catsclinic)さん、こんぼ@(@combo1212)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう