ニュース
» 2019年02月13日 13時30分 公開

「ファンヒーター」→「不安引いた」 縁起の良いダジャレをデザインした「洒落紋」が小粋でステキ

日本人が古来より愛してきたスタイル。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 コンブを「よろこんぶ(喜ぶ)」ともじって慶事に用いるなど、日本には古来からゴロ合わせやダジャレをもとにした「縁起物」があります。Twitterでは、この考え方を現代の事物に当てはめて考えたデザイン「洒落紋」が好評を博しています。例えば、「ファンヒーター」をもじって「不安引いた」、すなわち「不安がなくなり落ち着く」……なるほどっ。


不安引いた デザインもきっちり、ファンヒーターが「不安」の文字を排除するイメージに

得る良いDAY こちらは「LED」→「えるいーデー」→「得る良いDAY」→「良い一日」。デザインもLED電球が「日」の文字とともに光輝いています

 この「洒落紋」は京都造形芸術大学の学生の卒業制作で、弟のしみ(@DrMush11)さんが紹介したところ、広く拡散されました。ほかにも「LED(得る良いDAY)」「スクーター(救う他)」「マスカレード(増す華麗度)」など、縁起の良いダジャレをデザイン化したシンボルを1年間で全100個考案。これらを配したTシャツや扇などの実用品も製作されています。


一覧 解像度の都合で、説明までは読み切れないが、名前とデザインで言わんとすることはある程度分かる

デザイン デザインだけでは終わらず、紋を入れた実用品も製作。武将がアピールのために家紋を掲げた故事にならった趣向だそうです

 いろいろな意味でシャレの利いたデザインは、「商品化してほしい」と言われるまでの人気に。卒業制作の作品のため、大々的な販売はされていませんが、同学の卒業展で2月17日まで展示されており、Tシャツは購入できるとのことです。


展示

画像提供:しみ(@DrMush11)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」