ニュース
» 2019年02月13日 19時31分 公開

ストVのブランカに”時止めバグ”発覚、対戦バランスに大きな影響 賞金総額300万円の「EVO JAPAN」開催直前

ブランカ「ザ・ワールド!!!」【追記】

[ねとらぼ]

 「ストリートファイターV アーケードエディション」(ストV AE)のブランカに時間を止めるバグが発見されました。ストV AEは2月15日から大規模大会の開催を控えているため、バグの修正が間に合うかどうかにも大きな注目が集まっています。なお、このバグは海外プレイヤーがSNSに投稿した動画から広まったもの。


ブランカ 画像は「シャドルー格闘家研究所」より

 本来、対戦中にゲージを最大までためることで放つことができる必殺技「ダイナミックローリング」は、入力の成立と同時に画面が暗転し、その直後に攻撃判定が発生する仕様。今回見つかったバグは、“ダイナミックローリングを入力した1フレーム(0.016秒)後にレバーを前後どちらかに入れた状態でキックボタンを3つ同時押し”することで、暗転時間を別の技でキャンセルでき、ブランカのみが一方的に動けるようになるというもの。このバグは相手を実質的な無防備状態にすることができる上、ゲージを消費しない限りは何度も再現できるため、対戦バランスが大幅に変わることとなります。

 1フレーム後にキックボタン同時押し……と聞くと難度が高そうですが、キーコンフィグから「キック3つ同時押しボタン」をあらかじめ設定することで、比較的楽に再現ができるバグ。既にSNSにはこのバグを再現した動画や、ブランカとの対戦時にこのバグを使われたという報告が続出しています。

 このバグが発覚したことで一時「ブランカ」がTwitterトレンド入り。「時間を止める」という新たな能力を得たことで、『ジョジョの奇妙な冒険』のスタンド「ザ・ワールド」を連想する声が多いようです。

 なお、既にこのバグは“近日中”に修正されることがカプコンからアナウンスされていますが、2月15日に世界最大の格闘ゲーム大会「EVO」の日本版である「EVO JAPAN」(ストV AEの賞金総額は300万円)の開催を控えています。現行のEVO JAPAN大会ルールではバグに関する明確な記載はないため、SNS上では「EVO JAPANはブランカだらけになるのでは」といった懸念が投稿されはじめていますが、果たしてバグの修正は間に合うのでしょうか。


ブランカ 画像はYouTubeより

追記(2019年2月14日14時45分)

 EVO JAPANのサイトで、当該バグの使用禁止がアナウンスされました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう