ニュース
» 2019年02月14日 10時00分 公開

伝説のおもちゃ屋「ハローマック」のフィギュアがワンフェスで完売 赤い車から手を振るライオンが懐かしくて泣ける

製作に込めた思いを作者に聞きました。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 今はなきおもちゃ屋「ハローマック」のマスコットキャラクター、「マックライオン」のフィギュアが、懐かしさでじんわりくる再現度です。出展された2月10日のワンダーフェスティバル2019冬(ワンフェス)では、用意された35体が完売となりました(価格は1万円)。

※ハローマック:「靴のチヨダ」や「東京靴流通センター」を展開するチヨダが、1985年から2008年まで営んでいた玩具量販店。凸型の建物が大きな特徴



マックライオン 店舗の写真と合成したら、マックライオンが壁から抜け出したような光景に

 店舗の壁に大きく描かれていたマックライオンを、赤い車とセットで再現。特にピーンと伸ばした左手の表現がよくできていて、かつての記憶を呼び起こします。パーツを「可動ボディ」に差し替えれば、車を降りた状態に変えることも可能。手足にポーズを付けられます。


マックライオン とても元気のいい左手

マックライオン パーツの差し替えで、乗車バージョンと立ち姿バージョンに変更できる

 作者の商業フィギュア原型師、HYO(@madhands_tweet)さんがワンフェス前にTwitterで披露したときは、そのクオリティからハローマックを懐かしんで感動する人が続出。同店の元店長を名乗る人からも、喜びのリプライが寄せられました。

 製作のきっかけを聞いたところ、「普段から『どんなフィギュアが人の心を大きく動かすか』を考えていたら、同世代にノスタルジーを喚起するであろうハローマックに思い至った」と、HYOさん。子どものころから同店が好きで、また自身の考える「良いフィギュア」の条件“ストーリーを直感できる”に十分足る存在だと考えたといいます。

 こうした背景から、製作においては「メインビジュアルをそのまま立体化するだけでは、各々の思い出に寄り添うには不十分」と思考。マックライオンというキャラクターがどう動くのかは人それぞれだという考えから、可動ボディを用意したそうです。立体物としての自由度が付与されたことで、世界観に奥行きを持たせたわけです。

 ワンフェスには、ハローマックの運営元であったチヨダから当日版権(※)を取得のうえ出展。「現在アクティブでない事業の企業キャラクター」の版権許諾を得られるかどうかは、製作を進めていたHYOさんにとって大きな賭けで、許可が下りたときの喜びはこの上ないものでした。

※:版権元へ事前に申請し、「イベント開催当日のみ・会場内限定」の条件下で、二次創作物の展示販売許可を得るシステム

 HYOさんはもう1度販売したいと考えており、スムーズに運べば2019年夏のワンフェスで再版する予定としています。

 なおHYOさんがマックライオンの原型画像をツイートした頃から、マスコットキャラ関連の商業フィギュアのオファーが数件あったそうです。ただ「この手のお題は理解や愛情が深くないと豊かに表現できない」との考えから、自身が元ネタを知らないものは断っている状態とのこと。「淡い希望ですが」としながら、“マックライオンそのもの”の本格的な商業販売をオファーしてくれるメーカーが現れないかと述べました。

画像提供:HYO(@madhands_tweet)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  3. /nl/articles/2110/25/news079.jpg 浜崎あゆみ、帝王切開の経験を告白 「お腹の傷を愛おしく誇りに思う」と“消えない偏見”に思いつづる
  4. /nl/articles/2110/25/news007.jpg 「ロード・オブ・ザ・リング」の重要アイテムがカプセルトイで登場 “ひとつの指輪”も手に入ってしまう
  5. /nl/articles/2110/25/news051.jpg 「アッ...アッ......困りますお客さま…!」 子猫を迎えて2日目、すっかり懐いて飼い主を無事メロメロにしてしまう
  6. /nl/articles/2110/24/news049.jpg 本田望結、小型船舶免許を取得し免許証を公開 姉・真凜もびっくり「凄っ、知らんかったって笑」
  7. /nl/articles/2110/23/news032.jpg 『ちいかわ』が“幸福論を問う作品”であるという決定打 なぜ「オフィスグリコちゃんのカエル」でTwitterがどよめいたのか
  8. /nl/articles/2110/24/news027.jpg 所さんのピンクのフィアット500が事故で「水没」 めっちゃかっこいい、からの「普通に失敗しちゃうところも好き」の声
  9. /nl/articles/2110/24/news044.jpg 深田恭子、2022年のカレンダーで花に囲まれた美女ショット ファン「美しすぎる」「来年も一緒に過ごします!」
  10. /nl/articles/2110/21/news028.jpg 本当にあったZoomの怖い話 母がうっかりカメラON、100人に実家が丸見えになった実録漫画が地獄みしかない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる