ニュース
» 2019年02月14日 13時33分 公開

モスバーガーが「AIセルフレジ」の実証実験 無人レジが音声認識で店員のように接客

関内店で2月15日〜27日の期間限定で実施。

[ねとらぼ]

 モスフードサービスは、モスバーガー関内店(横浜市)にて2月15日〜27日の間、AI(人工知能)セルフレジの実証実験を行います。モスバーガーの店舗スタッフの接客手法を画像認識、音声認識技術で分析し、モデル化することで、AIシステムで店舗スタッフのような接客を目指す取り組みです。

導入するAIセルフレジ

操作画面イメージ

 生産年齢の人口減少に伴い人手の確保がますます難しくなる中、自然な接客を実現するAIセルフレジの開発を進める実験。関内店に導入されるレジは、画面タッチだけでなく音声でも注文可能なシステムを実装しており、店員と対話するように自然な流れで注文を受けたり、利用客の年齢や性別、注文履歴に応じておすすめ商品を提示したりできます。また音声の注文があいまいな場合も近い商品を表示することが可能です。

システム概念図

 設置台数は1台。実験にはAIベンチャーのリノシスが協力し、国立研究開発法人の新エネルギー・産業技術総合開発機構が公募した2017年度「AI システム共同開発支援事業」の一環となります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう