ニュース
» 2019年02月14日 18時30分 公開

指を当てるとコーヒーがポコポコ 知る人ぞ知る「サイフォンボールペン」の記憶が掘り起こされる

20年ほど前に、セーラー万年筆が出していた一品。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 小さなコーヒーサイフォンに指を当てると、中のコーヒー風の液体が沸いたように動く――楽しい仕掛けの付いた「サイフォンボールペン」の動画が、「なにこれ欲しい」「持ってた! 懐かしい」など反響を呼んでいます。


サイフォン ボールペンのお尻に、サイフォンのミニチュアが付いている

サイフォンサイフォン 指で温めると……ゴボッ!

サイフォンサイフォン ポコポコポコポコ……

 レトロ文具専門店の中村文具店(@nakamurabung10)がTwitterで紹介したのは、20年ほど前にセーラー万年筆が販売していたという一品。お尻に付いたサイフォンには沸点の低い液体が入っていて、体温を伝えると本物のような動きを見せます。なお、これは同店の売り物ではなく、来店客が店長に見せてくれたもの。持ち主はまだこのペンを使っているのか質問したところ、「古いものなのでもう書けません。替え芯もなく、発売当時から使い切りだったようです」とのことでした。


 知る人ぞ知るこのボールペン、Twitterでは懐かしむ人も多く見られます。「昔どうしても欲しくなり、思い切って買った」「1990年代に買ったものをまだ持っている」「セーラー万年筆に勤めていた母が作っていたらしい」など、興味深い証言もいくつか寄せられています。


 動画で知って欲しくなった人も少なくないようですが、さすがに約20年前の商品ゆえ入手は困難なもよう。発売当時は中村文具店でも取り扱っており、数年前までサンプル品が残っていたものの、現在は散逸してしまっているとのことです。う〜ん、残念。

 サイフォンボールペンが話題となり、再販の要望が出ていることは、セーラー万年筆も把握しているようです。ところが公式アカウントは「当時そのサイフォンパーツを作っていたところがなくなってしまったので、もう作れないのだそうです」とコメント。望みは薄い……?


 ただしその一方で、同社は「パーツの製造を担当してくれる企業があったらぜひ連絡を」とも発言しています。実際、現在でも同様の製品を取り扱っている業者があるとの報告もあるので、復活はそれなりにあり得そう?


画像提供:中村文具店(@nakamurabung10



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう