ニュース
» 2019年02月15日 16時40分 公開

週刊新潮「ZOZOの採用面接で扉を開けたら剛力彩芽」 ZOZOが否定、法的措置も示唆

週刊新潮は「経営者の資質に疑問符が付く」と前澤社長を批判。

[ねとらぼ]

 『週刊新潮』2月21日号に掲載された「ZOZOの採用面接では、前澤社長とともに剛力彩芽が同席していた」とする記事について、ZOZOがTwitter上で「事実とは異なる」と否定しました。


週刊新潮 ZOZO 『週刊新潮』2月21日号

 週刊新潮の記事では、「扉を開けたら剛力彩芽がいて驚いた」「(剛力彩芽は)質問というより前澤社長がいかにすごい人かを力説するだけだった」というZOZOの採用面接を受けた志願者からのコメントを使用し、前澤社長に対し「経営者の資質に疑問符が付く」と批判。ZOZOが経常利益を従来予想から下方修正したことや、前澤社長がTwitter休止直前に投稿したとされる洋服の原価に関するツイートなども取り上げ、「“面接ごっこ”で株価を上げてくれる精鋭を募ってみては」と皮肉っていました。


週刊新潮 ZOZO

 この記事について、ネット上では「面接の場で部外者を同席させるのは問題がある」「面接会場に前澤社長と剛力彩芽がいたら笑う」などの声もある一方で、「前澤社長もそこまで非常識じゃない」「さすがにデマを疑う」と記事内容を疑問視する声も上がっていました。

 ZOZOは、週刊新潮の記事について「株式会社ZOZOの採用面接についての記事は、事実とは異なります。当社の採用面接に役員及び社員以外が同席することは一切ございません」とコメントし、今後の対応については「当社の名誉や事業活動に不当な損害を与える記事については、法的措置も含めた対応を検討してまいります」としています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10