ニュース
» 2019年02月15日 17時00分 公開

Amazonのインディーズ無料漫画基金、5000万円に増額し継続 作品の人気に応じて作家に分配

2018年(半年間)の2000万円から増額。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 Amazon.co.jpは「インディーズ無料漫画基金」(関連記事)を2019年も継続すると発表しました。これにより、kindleストアで無料の漫画を公開できるサービス「kindleインディーズマンガ」を利用している作家に、1年間で総額5000万円が分配されます。


公式ブログ

 同基金は、2018年7月から始まった、漫画作家を支援する施策。kindleインディーズマンガに登録した作家の、作品の人気度に応じて分配金が提供される仕組みです。同年は用意された2000万円が、数百人の作家に分配されたとのことです。


インディーズマンガ Kindleダイレクト・パブリッシングのアカウント登録をするだけで、誰でも無料で漫画を公開できます。ジャンル不問で、1ページものでもOK

 『江戸時代の経済入門!』で「kindleマンガの売れ筋ランキング(無料)」1位を獲得したアイタローさんのように、同サービスをきっかけに躍進する作家も登場。アイタローさんはAmazonの公式ブログで、「Kindleで無料マンガを公開したことで、多くの読者に作品を知ってもらい、ランキングで1位を獲得できました。分配金をいただけることはもちろんうれしいですが、これらの実績は私にとってお金以上に価値のあることです。出版のスタンダードが根底から変わる状況の中で、作家自身が発信力を持って活動していくには、このチャンスを利用しない手はないと思います」と述べています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10