ニュース
» 2019年02月15日 21時00分 公開

社内で義理チョコ廃止→ならば自分で買えばいい バレンタインを満喫するチョコ好きおじさんの漫画がかわいい

義理チョコの習慣は不毛かもしれないけれど、チョコ好きが個人で楽しむ分にはそれでいい。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 バレンタインデーの義理チョコ文化には批判も多く、近年は禁止とする企業も出てきています(関連記事)。これも時代の流れとはいえ、さみしく思っている男性もいることでしょう。そんな世情を描いた漫画「おっさんずバレンタイン」が、かわいらしいと好評です。


アイキャッチ 主な登場人物は、二宮(中央)・一条(小柄な男性)・四ツ谷(右の若者)の3人。名字の頭が「2/14」と同じ並びです

 「女房もくれなくなったし、今年はもうチョコを1つももらえない」と喫煙室で悲しむベテラン社員、一条の嘆きから物語はスタート。コンプライアンス部の決定により、バレンタインの習慣が社内で全面禁止となったのです。同輩の二宮も、憤る一条をなだめてはいますが、やはりチョコレートを食べられないのが残念な様子です。


1P

 そんな2人に、若手社員の四ツ谷は「お返しとかめんどいしチョコとかいらなくないっすか」「そんなにチョコが欲しいなら自分で買えばよくないっすか?」と、クールに正論を突きつけます。一条は「何が悲しくて自分で……」と反発しますが、二宮は「それは妙案かも」と納得。自分で買うのがイヤなら男性同士で交換すればいいと、アグレッシブにイベントへ参加するよう提案します。


2P

 一条はいまいち納得がいっていない様子でしたが、3人は思い切って催事場のチョコレート売り場へ。華やかな品ぞろえにうっとりした二宮は、実は甘い物が大好きなのだと告白します。いろいろと眺めているうちに、不満げだった一条もすっかりノリノリに。付き合わされた四ツ谷に「一番高いやつ買ってください」と言われても、「金ならありますからね我々は」「そこだけは小娘なんかに負けませんよ」などと、おじさんならではの余裕を見せつけます。


3P 最初は頭がかたいように見えていた一条が、意外にもすぐデレた

 全力で買い物を満喫して、二宮も一条もニッコリ。ずっとクールに振る舞っていた四ツ谷も、まんざらではなさそうです。そして3人は翌日、休憩タイムにチョコの交換を和気あいあいと楽しむのでした。あまりにも楽しそうで、女性社員も嫉妬気味?


4P

 漫画家のらくたしょうこ(@rakutadesu)さんが描いたこの作品は、「キャッキャしているおっさんたちかわいい」「優しい世界」など、好評を博しました。バレンタインには面倒事もありますが、二宮たちのように純粋にチョコを楽しむ日にしてしまえば幸せに過ごせるはず。

作品提供:らくたしょうこ(@rakutadesu)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む