ニュース
» 2019年02月15日 21時00分 公開

社内で義理チョコ廃止→ならば自分で買えばいい バレンタインを満喫するチョコ好きおじさんの漫画がかわいい

義理チョコの習慣は不毛かもしれないけれど、チョコ好きが個人で楽しむ分にはそれでいい。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 バレンタインデーの義理チョコ文化には批判も多く、近年は禁止とする企業も出てきています(関連記事)。これも時代の流れとはいえ、さみしく思っている男性もいることでしょう。そんな世情を描いた漫画「おっさんずバレンタイン」が、かわいらしいと好評です。


アイキャッチ 主な登場人物は、二宮(中央)・一条(小柄な男性)・四ツ谷(右の若者)の3人。名字の頭が「2/14」と同じ並びです

 「女房もくれなくなったし、今年はもうチョコを1つももらえない」と喫煙室で悲しむベテラン社員、一条の嘆きから物語はスタート。コンプライアンス部の決定により、バレンタインの習慣が社内で全面禁止となったのです。同輩の二宮も、憤る一条をなだめてはいますが、やはりチョコレートを食べられないのが残念な様子です。


1P

 そんな2人に、若手社員の四ツ谷は「お返しとかめんどいしチョコとかいらなくないっすか」「そんなにチョコが欲しいなら自分で買えばよくないっすか?」と、クールに正論を突きつけます。一条は「何が悲しくて自分で……」と反発しますが、二宮は「それは妙案かも」と納得。自分で買うのがイヤなら男性同士で交換すればいいと、アグレッシブにイベントへ参加するよう提案します。


2P

 一条はいまいち納得がいっていない様子でしたが、3人は思い切って催事場のチョコレート売り場へ。華やかな品ぞろえにうっとりした二宮は、実は甘い物が大好きなのだと告白します。いろいろと眺めているうちに、不満げだった一条もすっかりノリノリに。付き合わされた四ツ谷に「一番高いやつ買ってください」と言われても、「金ならありますからね我々は」「そこだけは小娘なんかに負けませんよ」などと、おじさんならではの余裕を見せつけます。


3P 最初は頭がかたいように見えていた一条が、意外にもすぐデレた

 全力で買い物を満喫して、二宮も一条もニッコリ。ずっとクールに振る舞っていた四ツ谷も、まんざらではなさそうです。そして3人は翌日、休憩タイムにチョコの交換を和気あいあいと楽しむのでした。あまりにも楽しそうで、女性社員も嫉妬気味?


4P

 漫画家のらくたしょうこ(@rakutadesu)さんが描いたこの作品は、「キャッキャしているおっさんたちかわいい」「優しい世界」など、好評を博しました。バレンタインには面倒事もありますが、二宮たちのように純粋にチョコを楽しむ日にしてしまえば幸せに過ごせるはず。

作品提供:らくたしょうこ(@rakutadesu)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」