ニュース
» 2019年02月17日 16時30分 公開

綿密な描写でファンのハートを鷲掴み アニメ「荒野のコトブキ飛行隊」約2分かけて描かれた「隼」発進シーンが凄すぎた(2/2 ページ)

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

整備員 機体チェックを手伝う整備員。戦闘機には欠かせない存在です (C)荒野のコトブキ飛行隊製作委員会

いよいよエンジン始動

 コクピットに座るキリエと整備班長のナツオが互いに声をかけあって、いよいよエンジン始動! この時に注意しなければならないのが前方のプロペラ。始動すると高速で回転する刃と化し、人が巻き込まれようものならあっさりと引き裂きます。

 機体が傾いていることもあって、パイロットから完全な死角となっているので、整備員と互いに声を掛け合うのが必須なのです。


プロペラ 空を飛べる程の高速で回っているだけに人を巻き込むと一大事 (C)荒野のコトブキ飛行隊製作委員会

 キリエが「始動準備!」と声をかけると、ナツオが隼の下部にある「慣性始動機」にクランクを差し込んで回し始めます。これはレシプロエンジンによく見られるもので、エンジンを少し回転させて「弾み」を付けるためにあります。慣性始動機に弾みを付ける作業はかなりの重労働だったそうで、整備員2人がかりでクランクを回すこともあったそうです。それを考えるとナツオは常人離れした腕力を秘めているのかも。あの細腕のどこにそんな力が……怖い。

 弾みを付けたらナツオが「点火!」と声をかけ、それを聞いたキリエは点火開閉器を「両」の位置までレバーを動かして、エンジンに火を入れます。点火開閉器はロータリー式(順番に切り替えていくタイプ)になっているため、左右の点火器を個別に経由していくわけですが、もしこの時にエンジンの回転数が落ちた場合は「どちらかに重大な異常が発生している」ということになり、それは航空機にとって致命的な問題であるため発進中止になります。


点火開閉器 隼の「点火開閉器」。昭和を思い出させる文字フォントです (C)荒野のコトブキ飛行隊製作委員会

 エンジンが始動したら、パイロットは戦闘機が勝手に進まないように足のブレーキをしっかりと踏み込み、合わせて整備員は体を屈めてプロペラなどに当たらないようにしつつ、機体後方に移動します。

 パイロットは油圧やエンジンの回転計器を確認して、問題なく稼働しているかチェック。足元のペダル、操縦桿を前後左右に動かして、機体の進む方向を操作する垂直尾翼の方向舵(ラダー)、機体の高度を操作する水平尾翼の昇降舵(エレベータ)、機体の向きを変更する主翼後ろに付いた補助翼(エルロン)、フラップなどの動作確認も行いますが、これもまたパイロットからは見えない位置にあります。ここでも整備員と声を掛け合って確認することになります。


計器 アニメでは隼の配電盤なども再現されています (C)荒野のコトブキ飛行隊製作委員会

 エンジンの出力を少し上げつつプロペラの角度を調整、点火スイッチを動かして、念入りに動力系の異常がないかを確かめ、機体の配電スイッチをオンにしてランプが正常に表示されているか確認したら、整備員に手で合図を送ります。

 これでようやく機体の確認が終わり。整備員がタイヤ止めを外したら、滑走路に入って、いよいよ離陸となります。な、長かった!


離陸 ここまでやってようやく離陸。いやはや長かった (C)荒野のコトブキ飛行隊製作委員会

知って、改めてみるとわかる「隼」発進シーンの綿密さ

 コトブキ飛行隊の少女たちが操る旧日本陸軍の戦闘機「隼」は、太平洋戦争が始まった1941年に登場しました。世界的に知られている「零式戦闘機(ゼロ戦)」などと共に、さまざまな戦地に投入され、終戦まで戦い抜きました。

 機体の特徴としては、航続距離の長さや運動性能の高さなどが挙げられ、ことドッグファイトにおいては無類の強さを発揮しました。また整備性も良好で、経験の浅い整備員にも扱いやすい機体だったそうです。それでも空を飛ぶには、こうも念入りな準備が必要だったのです。

 今回は作中で描かれた目につきやすいポイントをピックアップしましたが、こうして文字にして読んでみると、あの約2分間に描かれたモノの濃さを改めて実感しますね。こういったシーンを詳細に描くのはとても大変ですし、絵的にも地味になりがちで、描写を理解できる視聴者も限られてきます。しかし、それでも入念に細部までこだわって描写したからこそ、大きな盛り上がりが生まれたのでしょう。

 現在「荒野のコトブキ飛行隊」は第5話まで放送中。TV放映は毎週日曜日22時30分からTOKYOMXにて、ネットではAbemaTVで毎週水曜23時から先行配信され、毎週土曜22時からニコニコ動画ほかで配信中です。

 上記の発進シーン以外にも、2機で編隊を組んでの戦闘機動など、リアルな描写が続出しているので、興味を持った人は今からでも「荒野のコトブキ飛行隊」をチェックしてみては。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  3. /nl/articles/2112/03/news124.jpg 「銀座でペットを散歩していたら職質されました」 “真っ白な奇怪生物”を連れた街歩き写真が前衛的すぎる
  4. /nl/articles/2112/03/news009.jpg 「鬼さん逃げてー!」「強すぎて草」 漫画「レベルMAXバージョンの桃太郎」が想像以上に強すぎると話題に
  5. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」
  6. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. /nl/articles/2112/04/news041.jpg ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起
  8. /nl/articles/2112/04/news040.jpg 福田彩乃、第1子妊娠を“ぽっこりおなか”ショットで報告 「マタニティ本を熟読してくれている主人」と夫に感謝も
  9. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  10. /nl/articles/1806/05/news150.jpg “シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」