ニュース
» 2019年02月01日 11時00分 公開

アニメ化するも作画崩壊、絶版 → 自費出版で根性の復活 苦難を乗り越え描き続ける漫画の作者に話を聞いた(1/2 ページ)

そして2巻も発売。

[コンタケ,ねとらぼ]

 Webコミックサイト「GANMA!」で連載されていた漫画、『ミリオンドール』をご存じでしょうか。過去に作者である藍さん(@ai_milliondoll)にインタビューも実施した作品なのですが、アニメ版がいわゆる「作画崩壊」で話題に。アース・スターエンターテイメントから販売されていた単行本も発行部数に対して売れず、絶版となってしまいました。




ミリオンドール 自費出版 藍 悲しい


ミリオンドール 自費出版 藍 画像は藍さんのnoteから


ミリオンドール 自費出版 藍

ミリオンドール 自費出版 藍

 しかし現在、そんな『ミリオンドール』の単行本の1巻がまた新たに刷られ、COMITIA(コミティア)などの同人誌即売会で販売されています。販売元は藍さん自身。つまり、自費出版です。





 自費出版ながらも、漫画内に歌詞を入れるためJASRAC許諾申請を取得。また、出版社から販売されていたときと同じように帯を作成した他、内容や表紙もさまざまな点で改善が施されています。本自体は、書店に並んでいるものと同様のクオリティーに仕上がっている様子。




ミリオンドール 自費出版 藍 JASRAC許諾申請を取ったため歌詞入りです




ミリオンドール 自費出版 藍 書店において有りそうな仕上がり




ミリオンドール 自費出版 藍 そうして出来上がった1巻表紙

 とはいえ、個人でこれだけちゃんとした本を出すのは、相当な苦労がありました。販売に至るまでの苦労はTogetterにまとめられているのですが、そのかいもあって2018年11月25日のコミティア126では多くの人に新装版『ミリオンドール』を届けることができたそうです。






ミリオンドール 自費出版 藍 設営完了







 一度打ち切りになった漫画を自費出版するという珍しい流れ、一体どのような思いで始めたのでしょうか。藍さんに話を聞いてみました。

―― アニメを見ていたときの心境と、絶版になったときの心境はどのようなものでしたか。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/18/news019.jpg 武田真治、世界限定500台の愛車「ダッジチャレンジャー MOPAR10」を初公開 “ゴジラ怪獣”仕様のテールランプに「後ろ姿カッコいい」とご満悦
  2. /nl/articles/2104/18/news007.jpg 「生後8カ月でこの大きさ!?」「おっきい猫ちゃん最高ですね」 デカモフに成長した子猫のビフォーアフターに称賛集まる
  3. /nl/articles/2104/17/news036.jpg ガンプラ用の塗装ペン「ガンダムメッキシルバー」がピカピカに塗れてすごいと話題 プラスチック製スプーンが塗っただけで輝く!
  4. /nl/articles/2104/18/news008.jpg オヤツの時間に、猫たちが乱入してきて…… 大乱闘を始める猫ちゃんとあきれる息子くんの光景が面白い
  5. /nl/articles/2102/02/news012.jpg 台風の雨の日に出会った小さな猫→でっかい猫に! 貫禄たっぷりに大成長した姿に「よかったね」「幸せそう」の声
  6. /nl/articles/2012/15/news014.jpg 「メインクーンの成長恐るべし」 手のひらに乗っていた子猫時代→現在のビフォーアフターが想像を超えていく
  7. /nl/articles/2104/17/news006.jpg 「なんかデカくないですか?」「軽く恐怖感じた笑」 飼い主を出迎えるポメラニアンの姿に驚きの声
  8. /nl/articles/2104/18/news001.jpg 猫「これは一体なんなのニャ……」 ポップコーンマシンに興味津々な猫ちゃんがかわいい
  9. /nl/articles/2104/18/news023.jpg サンシャイン池崎、「エヴァQ」3分解説が空前絶後の分かりやすさ “碇シンジ=小島よしお”の謎設定が天才的
  10. /nl/articles/2104/18/news005.jpg 「パパとママ守る、だからね……」 ほのぼのムードから急にキルアみたいなことを言う娘の漫画が怖くて笑う