ニュース
» 2019年02月01日 11時00分 公開

アニメ化するも作画崩壊、絶版 → 自費出版で根性の復活 苦難を乗り越え描き続ける漫画の作者に話を聞いた (1/2)

そして2巻も発売。

[コンタケ,ねとらぼ]

 Webコミックサイト「GANMA!」で連載されていた漫画、『ミリオンドール』をご存じでしょうか。過去に作者である藍さん(@ai_milliondoll)にインタビューも実施した作品なのですが、アニメ版がいわゆる「作画崩壊」で話題に。アース・スターエンターテイメントから販売されていた単行本も発行部数に対して売れず、絶版となってしまいました。




ミリオンドール 自費出版 藍 悲しい


ミリオンドール 自費出版 藍 画像は藍さんのnoteから


ミリオンドール 自費出版 藍

ミリオンドール 自費出版 藍

 しかし現在、そんな『ミリオンドール』の単行本の1巻がまた新たに刷られ、COMITIA(コミティア)などの同人誌即売会で販売されています。販売元は藍さん自身。つまり、自費出版です。





 自費出版ながらも、漫画内に歌詞を入れるためJASRAC許諾申請を取得。また、出版社から販売されていたときと同じように帯を作成した他、内容や表紙もさまざまな点で改善が施されています。本自体は、書店に並んでいるものと同様のクオリティーに仕上がっている様子。




ミリオンドール 自費出版 藍 JASRAC許諾申請を取ったため歌詞入りです




ミリオンドール 自費出版 藍 書店において有りそうな仕上がり




ミリオンドール 自費出版 藍 そうして出来上がった1巻表紙

 とはいえ、個人でこれだけちゃんとした本を出すのは、相当な苦労がありました。販売に至るまでの苦労はTogetterにまとめられているのですが、そのかいもあって2018年11月25日のコミティア126では多くの人に新装版『ミリオンドール』を届けることができたそうです。






ミリオンドール 自費出版 藍 設営完了







 一度打ち切りになった漫画を自費出版するという珍しい流れ、一体どのような思いで始めたのでしょうか。藍さんに話を聞いてみました。

―― アニメを見ていたときの心境と、絶版になったときの心境はどのようなものでしたか。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」