ニュース
» 2019年02月01日 11時00分 公開

アニメ化するも作画崩壊、絶版 → 自費出版で根性の復活 苦難を乗り越え描き続ける漫画の作者に話を聞いた(2/2 ページ)

[コンタケ,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

―― アニメを見ていたときの心境と、絶版になったときの心境はどのようなものでしたか。

藍:当時は複雑な気持ちになる出来事もたくさんありましたが、作品を理解してくれた声優さん方に出会えたことや、主人公すう子役の楠田亜衣奈さんがずっとミリオンドールは面白いと勇気付けてくれたこと、今も仲良くさせていただいている製作の皆さまとの出会いがありました。当時は色んな出来事に流されてどう感じればいいのかまひしていましたが、今振り返るとたくさんの人から気持ちをもらいました。 全てが良かったわけではないけれど、アニメのすべてが悪かったわけではないし、2期を別の形で作りたいと思っています。

 作者とアニメの製作側がよくもめるということは知っていたため別物と割り切り、「原作者は関わらない方がいいと思うが、アニメ製作側の意向があるなら協力したい」とお伝えしたところ、製作の方にぜひ関わっていただきたいとのお返事をいただきました。特に脚本の打ち合わせは、脚本家の村上桃子さんと楽しく進めさせていただきました。2人でいろいろ話していた脚本がテレビで動いているという感動は、すごくありました。監督とも放映終了後にメールでいろいろお話ししましたが、またチャンスがあるならぜひやりたいと真摯(しんし)に言ってくださったのがとても励みになりました。

 noteのマンガにも描きましたが、絶版になったことは直接担当者から聞いたわけではなく、再出版化のために動いてくれていた他社の編集さんが調べて教えてくれたのですが、時間もたっていましたので「まあそうだろうな」と感じました。「断裁処理」という言葉は、この時初めて知りました。

―― 自費出版を思い付いたきっかけはどのようなものだったのでしょうか。

藍:フリーの作家になったときから、もし打てる手がなくなったら挑戦してみようと思ってはいました。私は大手出版社で安泰にヒットを飛ばせる作家だとは思っていなかったので、時代の流れも考えるといつかは1人で作品を売る選択をするときが来ると感じていました。

 ただ、自費出版するということは、簡単なことではありません。やるならとことんやりたいし、ただ同人誌を出すだけで終わらず、色んな方に見てもらえる戦い方をしたいと決めていたので、他社での出版化が叶わなかった時の最終手段だと考えていました。

 また、別作品の書籍を2018年の6月に出版してサイン会などをしていた時、「ミリオンドールを紙の本で続きが読みたい」という声を何回か聞くことがありました。一度商業出版された漫画はWebで読めたとしても、紙で欲しいと考える読者さんがいるのだなということに気付き、これも大きなきっかけでした。そういう流れもあり、再出版化で動いていた編集さんから「やっぱりだめだったよ」と伺ったとき、今こそやるタイミングだ! という決心がついた気がします。

 何より、Twitterで試しに「同人誌のような形で出してもいいか」とつぶやいたとき、読者の方がそれでもいい! と言ってくれたことが心強い後押しになりました。

―― 元の単行本を出していた会社(アース・スターエンターテイメント)との話はスムーズに進みましたか。

藍:契約に関しては守秘義務があるので詳しくはお答えできないのですが、当時専属契約していた編集部を介して、こちらの希望通りに対応していただきました。

―― 自費出版に当たって一番苦労したところはどこでしょうか。

藍:写植を再度校正する作業が一番大変でした。Web掲載時は、作家が打った文字を簡単なチェックのみでそのまま載せていましたし、2013〜2014年ごろのiPhoneに最適化した文字サイズだったので、紙にするととても読みにくいのが気になっていました。

 周りのスタッフや夫の手を借りて、改行の位置、行頭の括弧(かっこ)の頭をそろえる、表記の揺らぎを確認し合うなど、商業誌レベルの禁則処理を徹底して、まるまる1冊打ち直したので、とても思い出深い作業です。他は事務作業的な面ですが、作中に引用している歌詞の許諾をとるためにJASRACへの申請をゼロから調べて登録したり、ISBNを取得するための審査などもありました。印刷所の選定や紙の選択も、予算内でできるだけ自分のこだわりをかなえたかったので、当初の想定よりたくさんの時間をかけ、多岐にわたる雑務を現在抱えている連載の合間に進めることが大変でした。

―― 新装版作中は何をモチベーションにしていましたか。

藍:Twitterに途中経過の写真を載せることで、いいねをつけてくれる読者さんがいたことです。独りよがりではなく待っててくれる人が1人でもいるんだなと実感でき、寝不足で作業していても頑張ろうと日々を乗り越えられました。

―― 新装版購入者からの反応はいかがですか。

藍:「やっぱり紙はいい」と言ってくれることが、何よりうれしかったです。そう言ってくれる人に届けたい一心で作ったものだったので、報われた思いでした。

 私が勝手にこだわっただけなのですが、紙はこういう理由で選んだよとか、そういう細かい部分の発信をキャッチしてくれて「確かに紙がめくりやすい!」と言ってくれる方もいました。SNS上で本が生まれる経過をリアルタイムに見せながらコミュニケーションをとっていた日々が、購入された方に形になって届いたようで、私もうれしかったです。




 そんな『ミリオンドール』は、1月30日からcakesで再度連載を開始しました。また、1巻は好評だったとのことで、2月17日開催のコミティア127では2巻の自費出版本も販売予定。新しくなった「ミリオンドール」は、今後も続きそうです。



前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/28/news122.jpg 坂口杏里さん、新婚夫が毎日の愛妻料理をベタ褒め “バカ美味すぎ”の評価に「嬉しすぎて幸せやぁ」「愛ですね」
  2. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  3. /nl/articles/2206/27/news100.jpg 「出勤前に柴犬の匂いを染みつける飼い主」 ギュッとされるワンコの幸せそうなお顔に「心が浄化された」の声
  4. /nl/articles/2206/28/news156.jpg 元乃木坂46の伊藤かりん、「顎変形症」手術のプレート除去 「骨って再生するんだね。人間すごい」
  5. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  6. /nl/articles/2206/10/news085.jpg 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  7. /nl/articles/2206/27/news190.jpg 控えめに言って最高だ! 檜山沙耶キャスター、『SPY×FAMILY』ヨル・フォージャーのコスプレに挑戦
  8. /nl/articles/2206/28/news098.jpg 「SOUL'd OUT」が突如トレンド入りも本人たちは無関係で「真実はどこだ」状態 発端は“Sold out”の誤変換?
  9. /nl/articles/2206/27/news130.jpg この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つかると食べられちゃう!? 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう
  10. /nl/articles/2206/27/news184.jpg 「TRF」YU-KI、療養中「globe」KEIKOの近況明かす「彼女はいたって元気です」 2011年にくも膜下出血倒れる

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」