ニュース
» 2019年02月18日 12時00分 公開

もう還暦なのか……! 「プラレールの60年を振り返る企画展」が京都鉄道博物館で開催 3月9日から

線路に「実物大の青いレール」を敷いて走る……!?

[カナブンさん,ねとらぼ]

 プラレールの誕生60周年を記念した特別企画展「おかげさまで60年まるごとプラレール展」が京都鉄道博物館で開催されます。開催は2019年3月9日から5月7日。京都鉄道博物館の入場料で入場できます。

プラレール展 「60年まるごとプラレール展」は京都鉄道博物館の特別展示展として開催
左から60年前のプラレール原型車両「プラスチック汽車」、昭和時代を象徴する「0系新幹線」、平成時代の人気車両の1つ「500系新幹線」。プラレールは世代を超えて遊ばれている(画像:タカラトミー、以下同)

 60年まるごとプラレール展は、2019年4月30日に終わる「平成」の商品にスポットを当てながら、1959年に発売されたプラレール60年の歴史を鉄道の歴史とともに振り返る内容で構成します。

 発売初期の車両では、プラレールの原型となった「プラスチック汽車・レールセット」(1959年)や、プラレール初の電動車両「電動プラ汽車セット」(1961年)、ひかり号とモノレールが連動して走行する変わり種「ひかり号モノレールセット」(1975年)、近年では一体どうしちゃったのか……!? タイムトラベルがテーマのプラレール「古代エジプト冒険セット」(2001年)とか、ブリキ素材で作られた車両の「ブリキのプラレール」(2000年)などが目玉です。こんなのあったんだ……! 貴重ですね。

プラレール展 発売初期の「プラスチック汽車・レールセット」。当時は手押し、モーター動作ではなかった
プラレール展 「ひかり号モノレールセット」

 一方、「平成時代のプラレール」には鉄道や社会そのものの発展と連動するようにハイテクな機能も続々と盛り込まれました。マスコン型のコントローラーで操作できる「ぼくが運転する スーパーひかり号」(1989年)、音声でコントロールできる「音声指令つばさ号」(1995年)、初のカメラ内蔵車両「TVで遊ぼう!ぼくはプラレール機関士」(2000年)から、近年にはスマホでカメラ映像を見ながら操作できる「スマホで運転!ダブルカメラドクターイエロー」(2016年)などが登場しています。

プラレール展 「ぼくが運転する スーパーひかり号」は、男の子大好き「夢のマスコン」で車両を操作できた
プラレール展 音声で“指令”できる「音声指令つばさ号」
プラレール展 車両にカメラを内蔵し、本当に電車を運転しているかのように遊べる「スマホで運転!ダブルカメラドクターイエロー」
プラレール展 タイムトラベル(??)がテーマの謎なプラレール「古代エジプト冒険セット」

 展示は「昭和」「平成」のプラレールの歴史を刻んだ名車約50両。この他、プラレールの世界に入り込める最高2メートルの大型ジオラマ「プラレールタワー」、ダンスや車両などの映像を流すシアターブースもあります。そして3月23日からはオリジナルヘッドマークを付けた“本物のSL”「プラレール60周年SLスチーム号」も登場します。初日の3月23日には、線路に「実物大の青いレール」を敷いた走行除幕式が行われます。

プラレール展 「おかげさまで60年まるごとプラレール展」ポスター

(カナブンさん)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン