ニュース
» 2019年02月19日 13時50分 公開

「架空の人物の顔写真」を自動生成するサイトが登場 いそうでいない顔をポンポン生成

人種・性別・年齢の異なる、さまざまな顔がリロードするたびにどんどん出てくる。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 AIが架空の人物の写真を生成するサイト、「ThisPersonDoesNotExist.com」が、驚きのクオリティです。アクセスするたびにどこかにいそうな顔が表示されますが、それが全て実在しない人物なのだから不思議な気分にさせられます。


架空の人物 試しにアクセスすると、普通にいそうな子どもの写真が表示

架空の人物 リロードを何度も繰り返すと、老若男女の顔が次々と登場。これ全員、実在しないのです(この画像は複数を編集部で結合したもの)

 ソフトウェア開発者のPhilip Wangさんが、NVIDIAの研究者が公開している技術をもとに実現したサイト。リロードすると数秒で、人種も性別も年齢層もまちまちな別の顔が表示されます。たまに不安な“ひずみ”のある画像が出ることもありますが、ほとんどが自然に仕上がっています。


架空の人物 背景に不安感を誘う何かが入り込むパターン

架空の人物 色合いが不自然なパターン。服の色に引っ張られた?

 ネットでは「似顔絵の練習台によさそう」「自分そっくりの顔が出たら怖い」など、さまざまな反応がありました。確かに、自分に似た顔が「非実在人物」として出てきたら、何かが壊れそうで恐ろしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.