ニュース
» 2019年02月19日 15時15分 公開

東日本で唯一の展示だった横浜・八景島シーパラダイスのジンベエザメが死ぬ

2018年10月から展示されていました。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 横浜・八景島シーパラダイス(横浜市金沢区)は、アクアミュージアム(水族館)で飼育展示していたジンベエザメが2月18日の夕方に死んだと発表しました


八景島シーパラダイス ジンベエザメ 横浜・八景島シーパラダイス ジンベエザメ(ねとらぼ編集部撮影)

 このジンベエザメは2018年8月21日に千葉県館山沖の定置網に迷い込んだオス。同館には8月28日に搬入され、東日本で唯一のジンベエザメとして10月4日から展示されていました(関連記事)。


八景島シーパラダイス ジンベエザメ 展示が始まった頃のジンベエザメ
八景島シーパラダイス ジンベエザメ 東日本で唯一の展示ということで人気になりました
八景島シーパラダイス ジンベエザメ 搬入された頃の体長は約4.5メートル。水槽の大きさを考慮し、体長が5.5メートルを超えたら外洋に放流予定でした

 2月5日からエサを摂らなくなり、17日には展示が中止されていたというジンベエザメ。死因などについては、これから調査をしていくそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10