ニュース
» 2019年02月19日 17時20分 公開

「明和電機」初のオフィシャルショップが秋葉原に3月オープン 「ジャンク屋」的な混沌を目指したスペースに

電子工作系クリエイター向けのレンタルスペースも併設。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 アーティストユニット・明和電機は3月30日、初の実店舗型オフィシャルショップを秋葉原・ラジオデパート内にオープンします。

 アート作品はもちろんのこと、アイデアや技術を二次展開(マスプロモーション)した「オモチャ」「本」「音楽コンテンツ」などの商品を販売。「小さいけどナンセンスな、世界が注目するお店」を目指すといいます。


明和電機 店舗イメージ

 オフィシャルショップである「明和電機 秋葉原店」の隣には、明和電機プロデュースによるレンタルスペース「ラジオスーパー」も併設。「ラジオ」という言葉を「ラジカル(急進的かつ根源的)なオブジェ」と再解釈し、電気や機械の仕組みを使ったユニークな商品を制作するクリエーターの出店を募ります。個性豊かなクリエイターたちの価値観がごちゃごちゃっと集まることで、「ジャンク屋」的な魅力のある混沌を創り出そうという狙いです。


明和電機 ラジオギャラリー イメージイラスト

 同じくレンタルスペースとして開設するアートギャラリーでは、作品のコンセプトとあわせて、「どんなしくみで、どんな部品を使ってできているか」の解説を表示。秋葉原のどこで部品が手に入るかも紹介します。


明和電機 明和電機 秋葉原店 イメージイラスト

 出店の経緯を綴ったブログ記事も公開。「おかしなものづくり」を支える電気街・秋葉原への思いや、今後の展望が語られています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10