ニュース
» 2019年02月26日 12時00分 公開

「ハリウッドと銭湯のコラボ」ってなんだよ! 「この映画宣伝がすごい! 2018 〜勝手に日本宣伝アカデミー賞」イベントレポート (1/2)

村上佳菜子もB‘zも銭湯も!? 愛あるカオスがもりだくさんな2018年の映画宣伝を振り返る。

[ひらりさ,ねとらぼ]

 「主演の吹き替えに○○が決定!」

 「完成披露イベントでタレントの××が……」

 インターネットを日々にぎわせる芸能ニュース。その中でも独自ジャンルとして確立しているのが、「映画宣伝」です。

 SNSの発達により、ファンの口コミが拡散しやすくなって、興行収入にすら影響を及ぼすようになった昨今。反面、とにかくマスコミを集めて情報を拡散させることだけに特化したように思える公式の発信を目にしたファンたちが「作品の世界観を大切にしてない」「観客をバカにしている」と憤る様子も徐々に可視化されています。

 とくに、海外で一度公開された洋画の日本公開時に発生しがちな「技術のないタレントによる吹き替え」「関係ない芸能人のプロモーション起用」「タイトルの改変」への風当たりは非常に厳しくなっています。

 しかし、一見すると白眼視したくなるような洋画宣伝のなかにも、一周回って独特の味わいが出ているもの、魅力の伝え方について考えすぎてしまったがゆえのシュールなアウトプット、なども存在しています。そんな「面白海外映画宣伝」を丹念にウォッチし続けているのが、ブロガーのビニールタッキーさん。ブログで更新しているこの映画宣伝がすごい!は毎年圧巻のカオスぶりです。

 そんな「この映画宣伝がすごい!」初のトークイベントが、さる2月9日下北沢B&Bにて開催されました。その名も、この映画宣伝がすごい! 2018 〜勝手に日本宣伝アカデミー賞

 登壇したのはビニールタッキーさんと、アメコミライターとして長年活躍し、映画宣伝にも通じている杉山すぴ豊さん。ふたりの映画愛あふれるトークのダイジェストを、ねとらぼでもお届けします。


マスクをかぶって現れた二人。映画公開の記者会見さながらのフォトセッションタイムがとられた
杉山すぴ豊さん(左)、ビニールタッキーさん(右)

知らぬ間に活躍していた「村上佳菜子」

 2015年から「この映画宣伝がすごい!」を発表しているビニールタッキーさん。2018年の映画宣伝には、以下4つの傾向があったと語ります。

  1. コラボポスターが多い
  2. 印象的な日本版イメージソング
  3. 特別映像という宣伝ジャンル
  4. 村上佳菜子さんが大活躍

 (3)の「特別映像」というのは、「映画そのものを切り取ったのではなく、オリジナルでつくられたプロモーション映像」のこと。映画「ブラックパンサー」のために作られた映像が紹介されましたが、藤岡弘、さん率いる探検隊(当然そんなものはブラックパンサーには出てこない)がワカンダ王国を捜索に行くという特別映像……確かに気合が入っている。

 (1)〜(3)は、口コミでの広がりやすさを意識したプロモーションが増えたんだろうなということで納得ですが、(4)の「村上佳菜子さんが大活躍」とは一体?

 確かに「追想」「くるみ割り人形と秘密の王国」「ボヘミアン・ラプソディ」などなど、とにかくジャンルレスに出演しまくっている……。




 「アスリートって、ちょっとセレブ感のあるイベントにも呼びやすい。それと、日本の芸能マスコミをささえてきたのがスポーツ新聞なんですよね。アスリートを起用すると芸能ニュースとスポーツ新聞両方の取材が来てくれるので露出がしやすいという狙いがもともとある」(杉山)

 スキージャンプ選手の高梨沙羅さんも、映画『レディ・プレイヤー1』劇中でヴァン・ヘイレンの『ジャンプ』がかかるという理由だけで、イベントに呼ばれていたのだとか。

 「でも、『ダウンサイズ』に村上さん呼ばなくてもね……(笑)」(杉山)

 全人類を13センチに縮小して人口過多問題を解決しようというSFコメディ映画『ダウンサイズ』で、特大かき氷を食べて破顔する村上佳菜子さん、意味は分からないけどかわいいです。


ベスト10にランクインした作品は……

 2018年は村上佳菜子無双だったことが明らかになったところで、いよいよ「この映画宣伝がすごい! 2018」が順々に発表されました。ドキドキの結果は……。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.