ニュース
» 2019年02月20日 07時30分 公開

「ツイッターを見始めた!」「二度寝だー!!」 「寝起き」をスポーツ中継風に描く漫画があるあるすぎてつらい

うーん、みみがいたい。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「漫画家が目覚めてから原稿に着手するまで」をスポーツ中継風に描く漫画が、生々しさで笑いを呼んでいます。締め切りが迫っているにもかかわらず、なかなかフトンから出られない様子は、自由業ならずとも身につまされるところがあるはず。


アイキャッチ 枕元にスマホがあると、どうしてもねえ……

 漫画は「締め切り破り割増太郎」の異名を持つ、いかにも筆が遅そうな漫画家、狸山の目覚めからスタート。主に実況役と解説役のトークで展開されていきます。実況は「目を覚まし原稿に向けて気合十分」などと威勢良く切り出しますが、当の狸山が起き抜けに始めたのはゲームアプリ。ログインボーナスを拾うだけかと思いきやすぐに対戦を始め、あっさりと負けてしまいます。本業にかかる前から、別のことでモチベを下げるもんじゃない。


1P 「これくらいしっかり絵の練習もすればいいと思うんですが」……解説の指摘が剛速球すぎる

 続いて、狸山はTwitterのチェックを開始。タイムラインを読み終えてもリロードを繰り返して、いっこうに起きる気配がありません。そうこうするうちに好みのツイートを発見し、さらにその投稿主のイラストSNSへジャンプ。どんどん現実逃避の深みにはまっていきます。


2P

3P 「ここから創作小説へ飛ぶとまずい」「小説はイラストや漫画と違った心の深いところに入ってきてヤバみがヤバいことになる」

 せめてネットで得たものが、起床や今後の作業への刺激になればよかったのですが、あろうことか狸山はコンテンツを読み疲れて二度寝。急に目を覚ましたかと思えば、部屋の寒さを感じると再び眠り、二度寝三度寝のループに入ってしまいます。暖房をつけていようと、フトンのほうが暖かくて気持ちいいですもんね……。


4P

 やがて、スマホのアラームにたたき起こされる狸山。一応起きる意思はあったようなのですが、不機嫌そうにオフにしていきます。設定したのは自分なのに、アラームがうとましく感じる……理不尽なあるある。


5P

 このように怠惰っぷりを見せ続けた狸山は、生理現象をこらえきれずトイレに立ってすら、すぐにフトンに戻ってしまう体たらく。しかし、そんな彼にもとうとう真の目覚めが訪れます。というか、「進捗いかがでしょうか」「電話いいですか?」と担当編集者にせっつかれるなり、スッと机に向かったのでした。この追い込まれないと動けない現象、笑うと自分にも刺さりそうで笑えない。


6P

 漫画は「わかりみが強い」「俺が漫画になってる」と共感を呼び、作者のおのでらさん(@onoderasan001)も「自分の日記みたいになってしまいました」とコメントしています。そりゃあ、描写が生々しいわけですよね。

 なお、同作は書籍化された『コミケ童話』シリーズに連なる一編。おのでらさんはVTuber愛をつづった『輝夜月ガチ勢の日常』も著しています。


作品提供:おのでらさん(@onoderasan001


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」