ニュース
» 2019年02月20日 17時45分 公開

「チャイルドシートを使わない人に絶対読んで欲しい」 警察漫画『ハコヅメ』が痛々しい交通事故のエピソードを特別公開

チャイルドシートで守れた命かもしれない。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 チャイルドシートを使ってない人に絶対読んでほしいと、漫画『ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜』(泰三子 著/講談社 『モーニング』連載)の公式Twitterが、27話「トラウマ」を公開しました。

 漫画『ハコヅメ』は交番に勤務する女子2人を描いた作品。公開された第27話には、新人警察官の川合が交通事故現場に駆け付けたところ、あまりに悲惨な光景にトラウマを負ってしまうエピソードが描かれています。

 川合が目撃したのは、事故の衝撃で車外に投げ出され、後続車にひかれてしまった赤ちゃんでした。赤ちゃんの体はいびつになっていて、一目でもう手の施しようがないことがわかるほどでした。

漫画・車3台の事故現場 交通事故現場にかけつける2人 現場にはタオルケットが落ちていました

漫画・タオルケットを見に行く警察官 タオルケットには赤ちゃんがくるまれ、無残な姿に

 事故後には、「子どもはじっとしていない」と言ってチャイルドシートを使わない親にも出会います。そういった親にもチャイルドシートの重要性がしっかりと心に届く漫画になっています。このエピソードはコミックス第4巻に収録されています。

漫画・その後の取り締まり現場 取り締まりでは、チャイルドシートの重要性を認識していない大人に出会います

(C)Yasu Miko/講談社

高橋ホイコ



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.