ニュース
» 2019年02月20日 19時00分 公開

国会図書館の書誌データ、利用目的かかわらず誰でも無償で利用可能に 4月1日から

従来は営利目的での利用や、大量にデータを取得する場合は問い合わせが必要でした。

[ITmedia]

 国立国会図書館は2月19日、同館が提供する書誌データを4月1日から、利用目的にかかわらず誰でも無料で利用できるようにすると発表しました。従来は営利目的での利用や、大量にデータを取得する場合は問い合わせが必要でしたが、申請なしで利用できるようになります。

国会図書館 書誌データ 無料 利用 国会図書館の発表

国会図書館 書誌データ 無料 利用 国会図書館が公開している書誌データの例

 書誌データとは、著者名や書名、発行所、発行年、ISBN、DOI、全国書誌番号など、本を探すために必要な事項。書誌や書誌データベースがそれぞれの基準で、1点ごとの資料を識別同定するため記述しており、国立国会図書館でも所蔵する資料の書誌データを作成して「国立国会図書館オンライン」や「NDL-Bib」で公開している他、非営利利用であればNDL-Bibから原則無償でダウンロードできました。

国会図書館 書誌データ 無料 利用 いろんな本の書誌データを閲覧できたが、4月からは営利目的での利用や、大量にデータを取得する場合でも、申請なしで利用・ダウンロードできる

 これまでは学校の図書室や各自治体の図書館などが中心に利用していましたが、4月から営利目的でも申請なしで利用できるようになるため、民間においてさまざまなケースで活用されるかもしれません。対象となる書誌データの範囲や書誌データを取得する方法の詳細などについては、書誌データを提供するそれぞれのデータベースで順次知らせるとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10