コラム
» 2019年02月22日 11時00分 公開

【マンガ】自動車のタイヤが黒色しかない理由

カラーバリエーション、どうして用意しないんです?

[ねとらぼ]

 信号待ちをしている自動車を見てみると、車体の色は多種多様。ですが、そのタイヤはきまって黒色です。どうしてタイヤにはカラーバリエーションがないのでしょうか。

解説

 空気入りの自動車用タイヤが初めて使用されたのは、19世紀末。当時は白色、あめ色をしていたそうですが、20世紀に入ってから、「カーボンブラック(工業用の“すす”)」を混ぜることでゴムの耐久性などを高める手法が登場。これにより、「タイヤ=黒いもの」になったのだそうです。

 逆に言うと、「素材を変えれば、他の色のタイヤが作れるかもしれない」というわけ。現在では「ホワイトカーボン」と呼ばれるシリカを多量に用いる製造方法もあり、「“カラフルな自動車タイヤ”も作れるのでは」と期待する声もあるもよう。しかし、実用化・普及には至っていないようです。

おまけマンガ



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.