ニュース
» 2019年02月21日 11時30分 公開

こ、これはいい! 「YZF-R25/R3」を70年代レーサー風に変身、CA発のカスタムキット (1/2)

おじさんホイホイのすてきデザイン。

[agar,ねとらぼ]

 近年、国内で久々にヒットしたスポーツバイクシリーズ「YZF-R25」「YZF-R3」。海外では2019年フルモデルチェンジが始まっていて(関連記事)、日本でも「間もなく新型登場」とヤマハが予告しています。

新型YZF-R25 ティーザー 新型「YZF-R25」のティーザー画像
海外で先にモデルチェンジされたYZF-Rシリーズ(YouTube/Yamaha Motor Europe)

 新型、楽しみですね。

 その一方で、現行モデルを大切に乗るつもりの人、そして、新型の登場で価格がさらにこなれてきそうな中古車を狙っている人にも朗報です。「おぉぉ! かっけぇぇ」となる、こんな個性派のカスタムはいかがでしょうか。

Rocket Street YZF-R3のボディーカスタムキット「Rocket Street」(写真:GG Retrofitz、以下同)

 こちらは、米国カリフォルニアの新生ブランド「GG Retrofitz」が作るボディーキット「Rocket Street」で大変身を遂げたYZF-R3です。

 その名の通り、70年代レーサー風のロケットカウルとシングルシートカウルを装備して往年の雰囲気を漂わせる「おじさんホイホイのすてきデザイン」に生まれ変わります。エンジンやフレーム、ホイールなどバイクとしての基本性能や装備は安心最新なベース車種のまま、雰囲気バッチリ、というのがいいですよね。

70年代レーサー風のスタイルがたまらない 70年代レーサー風のスタイルがたまらない

 日本では、バイク用品専門通販サイトのWebikeで販売されています。価格は19万4400円(税込)。商品は白色のカウル類をセットにしたボディーキットで、カラーは自分好みに仕上げられます。別売りでグラフィックデカールも用意しています。黄色にスピードブロックが入ったヤマハの「インターカラー」で往年のワークスマシン風に仕上げても似合いそうです。

 少し良いお値段かもしれませんが、YZF-Rシリーズのパッケージや走行性能はよいが、デザインが少し若々しすぎると思っている人にとても向くはず。また、本物の旧車を入手、維持する大変さを考えれば現実的な選択肢でもあります。

まっさらなボディーキットでの販売なので、どんなデザインに仕上げるかはオーナー次第 まっさらなボディーキットでの販売なので、どんなカラーに仕上げるかは自分次第
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン