ニュース
» 2019年02月21日 15時42分 公開

迫力あってかっこええ 新型「RAV4」日本仕様プロトタイプを公開(1/2 ページ)

青×白ツートン、カスタマイズモデルもかっこいい!

[agar,ねとらぼ]

 トヨタ自動車が、2019年春に発売予定の新型SUV「RAV4 日本向け仕様」のプロトタイプを特設ページで公開しました。

新型「RAV4」 新型「RAV4」(写真:トヨタ自動車、以下同)

 5代目となる今回の新型は、2018年3月に米国で行われたニューヨークモーターショー2018でデビュー(関連記事)。同時に2016年に生産を終えた3代目を最後に休止していた日本市場での販売復活もアナウンスされ、期待がじわじわと高まっています。

 RAV4はクロスオーバーSUVの先駆的存在として、オフロードだけではなく街乗りでも楽しめる車種として1994年に登場しました。5ナンバーサイズで比較的コンパクト、さらにCMキャラクターは木村拓哉さん。このようにおしゃれな都市型志向の車種でしたが、海外市場での需要から世代を追うごとに大型化し、タフでワイルドなキャラクターに変わりました。

 5代目の新型は、現行のトヨタ車の中ではハリアー(関連記事)に近いサイズです。もちろん、高級感や快適性を重視した都会派SUVのハリアーに対し、RAV4は北米市場での要望を反映したタフなオフロード&アウトドア対応といったようにキャラクターは異なります。

 エクステリアは大柄なボディーとグワッと襲いかかるかのようにでかいグリルのフロントフェイスによる、SUVらしい力強さのあるデザインが魅力です。その一方で新たに公開されたツートンカラーもハッとするほど見事。あざやかなブルー×ホワイトカラーによって、SUVのごっついイメージがガラリと変わります。

ツートンカラーの設定も イメージをガラリと変えるツートンカラーの設定も。このカラー、かなりおしゃれじゃないですか?

 また、自分好みに仕立てられるカスタマイズの選択肢もかなりありそうです。ワイルド感が一層増す「TRD」「モデリスタ」ブランドの半純正ドレスアップパーツ、大荷物をガシガシと積み込む本格アウトドア派向けのルーフキャリアなどのオプションを用意するようです。

「TRD」パーツを装着したカスタム仕様 「TRD」パーツを装着したカスタム仕様。ワイルドですね〜
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.