ニュース
» 2019年02月21日 19時00分 公開

漫画「ルーツレポ」:自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「謎サウナ(下北沢高架下)」の取材をレポートする

感想「ふ〜……死ぬか〜……」

[ルーツ,ねとらぼ]
ルーツレポ「謎サウナ」

 漫画家ルーツ(おっさん)がふらりとどこかへ行き、自分のことをツインテールのかわいい女の子だと思い込んで漫画にする連載「ルーツレポ」。今回は都会の真ん中に設置された謎のアウトドアサウナ「CORONA WINTER SAUNA SHIMOKITAZAWA」に行ってきました。

ルーツ プロフィール

北海道出身の漫画家・漫画原作者。代表作に『てーきゅう』(原作)、『ルーツビア』など。ヤングチャンピオン烈にて、『異世界のトイレで大をする。』連載中。ニコニコ静画で自分の日常を4コマ(実質3コマ)漫画にした『自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで、今日の出来事を4コマにする。』更新中。中身はビール好きのおっさんです。


ルーツレポ「謎サウナ」

ルーツレポ「謎サウナ」

ルーツレポ「謎サウナ」

ルーツレポ「謎サウナ」

ルーツレポ「謎サウナ」

編集雑記

 「CORONA WINTER SAUNA SHIMOKITAZAWA」は下北沢ケージで1月19日から3月17日まで開催されているアウトドアサウナ。都会の真ん中で本場フィンランド式のサウナが楽しめるというサウナ―必見のイベントです。今回はサウナ好きの編集の強い希望(趣味)でルーツを誘って参加してきました。

 同サウナは90分単位のチケットを購入して入場する完全入れ替え制になっており、水着着用で男女一緒に楽しめます。テントの中ではサウナストーブに水をかけて温度を上げる「ロウリュ」、タオルなどであおいで熱風を浴びる「アウフグース」などが体験可能。サウナ好きならご存じ、やたらいい匂いのする草こと「ヴィヒタ」も置いてあってめっちゃテンションが上がりました(主に僕が)。

 ひとしきり汗をかいたら“サウナにおけるメインディッシュ”こと水風呂へ。屋外に設置された水風呂の温度は7度前後とまさかの「シングル(サウナ用語で9度以下の水風呂のこと)」でしたが、これがまたキマるんですよ……。

 水風呂のあとはベンチなどに寝転んで仕上げの外気浴。真冬でもサウナの後だと寒くないから不思議です。水着姿で東京の冬空を見上げながらボーッとするのはなんとも貴重な体験で、すっかり身も心もととのったのでした。

 サウナのあとは併設の施設でビールや食事も可能。サウナとビールの黄金コンビにはいよいよルーツも極楽浄土に誘われたようで、放心状態で「死ぬか〜……」とかわけのわからんことを口走っていました。ちなみにサウナ―の間ではやはり注目度の高いイベントらしく、この日はサウナ界の有名人たちも多く来ていたのですが、皆さん口々に「最高だ」というようなことを言っていたのでやっぱり最高なんだと思いますよ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.