ニュース
» 2019年02月21日 22時01分 公開

NTTドコモの「みえる電話」が正式サービスに 通話相手の発言を文字にして伝えてくれる

2016年からのトライアルを経て、いよいよ正式化。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 NTTドコモが、耳の聞こえにくい人向けのサービス「みえる電話」を3月1日から開始します(利用にはドコモの回線契約が必要)。相手の発話内容を自動で文字に起こし、リアルタイムにスマートフォンへ表示してくれます。


みえる電話 ドコモのシステム上で音声を文字に変換し、リアルタイムにアプリへ表示

イメージ 通話中のイメージ

 通話を「みえる電話」のシステムが仲介し、相手の発言を文字に変換してサービス利用者のアプリに送信する仕組み。相手側にアプリ等の準備は必要ないので、再配達の連絡といった不特定な相手からの電話にも対応できます。また、アプリに登録した文字を、音声に変換して伝えることも可能です。

 みえる電話は2016年10月にトライアルサービスとして始まり、今回正式なサービス化が決定(関連記事)。モニターからの意見を受けて、「フリーダイヤルやナビダイヤルへの発信」「みえる電話ユーザー同士での通話」を実現するなどの改善がなされています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.