ニュース
» 2019年02月22日 09時00分 公開

「雪駄×スニーカー」の新感覚シューズが半日間でクラウドファンディングを達成 雲のようなフワフワ感を実現

「unda-雲駄-」。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 日本の伝統芸能である「雪駄(せった)」とスニーカーを掛け合わせた新感覚シューズ「unda-雲駄-」が発表され、わずか半日間でクラウドファンディングを達成しました。


unda-雲駄- unda-雲駄-

unda-雲駄- 雪駄の履きやすさはそのままに、スニーカーのエアーソールで衝撃を吸収します

 「unda-雲駄-」のコンセプトは日本の伝統技術と現代の最新技術の融合。鼻緒と天板のやわらかさが魅力の雪駄に、衝撃を吸収するスニーカーソールを組み合わせたことで、まるで雲の上を歩いているようなフワフワ感を実現したとのこと。


unda-雲駄- Model:男性/170センチ/26.5センチ/M(身長/通常靴サイズ/着用サイズ)

unda-雲駄- Model:女性/175センチ/25センチ/M(身長/通常靴サイズ/着用サイズ)

 鼻緒はブラックとホワイトから選択可能で、サイズもM(24センチ〜27センチ)とL(26センチ〜29センチ)の2種類が発表されています。普段着に合わせても自然なデザインで、サンダル感覚でカジュアルに履けそう。


unda-雲駄- ちょっとはみ出すのが「粋」

 「日本の伝統技術を守りたい」という思いからプロジェクトがスタートしているため、履き方にも「粋」を守るためのこだわりが光ります。小指とかかとが少しはみだした状態が江戸っ子スタイルだそうで、親指・人差し指にかかるプレッシャーを減らし、指の付け根が痛まないようになっているのだとか。

 現在はクラウドファンディングサイト「makuake」にて出資を受け付けています。先行予約もかねており、2019年6月より順次発送予定。


unda-雲駄- 生産には奈良県にある雪駄メーカーが協力

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.