ニュース
» 2019年02月24日 20時00分 公開

飼い主が見つかったのに…… 左目に傷を負った老犬の悲しくも優しい物語

よくがんばったね。

[春夏冬つかさ,ねとらぼ]

 ルーマニアにある非営利動物保護団体「Howl Of A Dog」が、線路の近くをさまよっていた老犬を保護。悲しくも優しい物語が、YouTubeにて公開されました。



 寒いなか、線路の近くをさまよう老犬を見つけたHowl Of A Dogのスタッフ。近づくと、老犬は怖がって逃げてしまいます。いつ電車が来るかわからない危険な状況なので、スタッフはそのまま老犬を安全な場所に誘導。すると、しばらくして老犬のほうから近づいてきました。お腹が空いていたのか、それとも、スタッフが助けようとしていたのがわかったのでしょうか。ごはんをあげて首輪をかけると、大人しくそれに従います。


老犬 こんな危ない場所で……
老犬 大人しくて賢い子でした

 近くで見ると、老犬の左目近くに傷があることがわかりました。スタッフは急いで動物病院につれていきます。残念ながら、左目の視力は完全に失われていましたが、右目には影響がなく、よく見えているようです。


老犬 左目近くに傷

 さらに、マイクロチップをスキャンしたところ、所有者がいたことがわかりました! スタッフは、老犬が飼い主と再会できることを喜び、飼い主に早速電話をします。しかし、飼い主からの返答は「犬を引き取ってほしい」という悲しいものでした……。

 老犬は、元飼い主の家から約16キロ離れた場所で発見されています。老犬が家を飛び出して、この長い距離を移動してきた理由も、元飼い主が引き取ってほしいと言った理由も、スタッフにはわかりませんが、「彼を救うことができたことを感謝している」とコメントしています。

 老犬は「Bobi(ボビ)」と名付けられ、しばらくは「Howl Of A Dog」が世話をしていました。ボビは、とても優しく、愛情深く、従順な性格です。また、約10歳の老犬ですが、他の犬ともよく遊ぶ子犬のような一面もあります。


老犬 ほかの犬にも負けない元気なボビ!

 そして救助から数カ月後、ボビはアメリカの家族に引き取られました。この家族は、今までにも多くの犬を引き取っており、老犬をケアした経験も豊富なため、ボビが幸せな生活を送る最良の環境が整っています。



 ボビは今、暖炉の近くのソファでのんびり寝たり、なかよしの犬と遊んだり、おいしいごはんを食べたりして、とっても幸せそうに暮らしています。

春夏冬つかさ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」