ニュース
» 2019年02月24日 20時00分 公開

飼い主が見つかったのに…… 左目に傷を負った老犬の悲しくも優しい物語

よくがんばったね。

[春夏冬つかさ,ねとらぼ]

 ルーマニアにある非営利動物保護団体「Howl Of A Dog」が、線路の近くをさまよっていた老犬を保護。悲しくも優しい物語が、YouTubeにて公開されました。



 寒いなか、線路の近くをさまよう老犬を見つけたHowl Of A Dogのスタッフ。近づくと、老犬は怖がって逃げてしまいます。いつ電車が来るかわからない危険な状況なので、スタッフはそのまま老犬を安全な場所に誘導。すると、しばらくして老犬のほうから近づいてきました。お腹が空いていたのか、それとも、スタッフが助けようとしていたのがわかったのでしょうか。ごはんをあげて首輪をかけると、大人しくそれに従います。


老犬 こんな危ない場所で……
老犬 大人しくて賢い子でした

 近くで見ると、老犬の左目近くに傷があることがわかりました。スタッフは急いで動物病院につれていきます。残念ながら、左目の視力は完全に失われていましたが、右目には影響がなく、よく見えているようです。


老犬 左目近くに傷

 さらに、マイクロチップをスキャンしたところ、所有者がいたことがわかりました! スタッフは、老犬が飼い主と再会できることを喜び、飼い主に早速電話をします。しかし、飼い主からの返答は「犬を引き取ってほしい」という悲しいものでした……。

 老犬は、元飼い主の家から約16キロ離れた場所で発見されています。老犬が家を飛び出して、この長い距離を移動してきた理由も、元飼い主が引き取ってほしいと言った理由も、スタッフにはわかりませんが、「彼を救うことができたことを感謝している」とコメントしています。

 老犬は「Bobi(ボビ)」と名付けられ、しばらくは「Howl Of A Dog」が世話をしていました。ボビは、とても優しく、愛情深く、従順な性格です。また、約10歳の老犬ですが、他の犬ともよく遊ぶ子犬のような一面もあります。


老犬 ほかの犬にも負けない元気なボビ!

 そして救助から数カ月後、ボビはアメリカの家族に引き取られました。この家族は、今までにも多くの犬を引き取っており、老犬をケアした経験も豊富なため、ボビが幸せな生活を送る最良の環境が整っています。



 ボビは今、暖炉の近くのソファでのんびり寝たり、なかよしの犬と遊んだり、おいしいごはんを食べたりして、とっても幸せそうに暮らしています。

春夏冬つかさ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン