ニュース
» 2019年02月24日 15時15分 公開

人気ゲーム実況配信グループ「幕末志士」の坂本さんが活動休止を宣言 「心がポッキリと折れました」

さまざまな騒動があったためとしています。

[コンタケ,ねとらぼ]

 2月23日、ニコニコ生放送などで活動する人気ゲーム実況プレイヤー2人組「幕末志士」の坂本さんが、活動を休止すると発表しました。有料会員限定配信のなかで突然発表され、ファンの間で動揺が広がっています。



 「幕末志士」は「坂本龍馬」「西郷隆盛」の名前で活動しており、さまざまなゲーム実況動画を公開しています。名前の通り、時代劇風のしゃべりや演出で人気を博しています。

 今回休止を宣言した坂本さんはネット上で炎上騒動が起きていたのですが、配信のなかで「現在、私が原因で一部が炎上しています。しかし該当の人物は私とは別人です」とスライドに表記し現状を説明。そのうえで、「去年から退社騒動→借金騒動→改名騒動→凸騒動→偽物騒動と連続し心がポッキリと折れました」と今回の休止理由について説明しています。



 今回の活動休止については発表のタイミングまで西郷さんにも言っていなかったということで、西郷さんは「え、今まで2人で……」と突如の発表に困惑。また、坂本さんの「私は休止して西郷さんには残ってもらって」という発言には「散々一蓮托生とか言っといてー!?」と声を上げていました。

 具体的な今後の活動としては、3月2日の「幕末生」を最後に坂本さんは以降の活動を休止。3月9日からは西郷さんソロの「幕末志士 西郷ラジオ」になります。実況活動は、3月3日の「くにおくんの時代劇」を最後に、坂本さんは新規収録と動画編集を休止します。


幕末志士 坂本 活動休止 3月9日以降は「西郷ラジオ」に

 その他、「幕末志士」を題材として開発されていたアプリ「幕末志士オンライン2」は開発を続行しますが、ゲーム「ゲラーマン」「多弁探偵」は開発を休止するとのこと。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.