ニュース
» 2019年02月27日 08時00分 公開

食品アレルギーをかわいいイラストで知らせるワッペンに賞賛の声 「分かりやすくてカワイイ」「大人用にも欲しい」

「アレルギーで苦しみ困っている子供たちが、少しでも明るい気持ちになれたら」

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 食品アレルギーを知らせるワッペンが「わかりやすくてカワイイ」とTwitterで話題になっています。自分の言葉で伝えられない小さな子どもでも、こんなマークがあれば安心できるかも。



アレルギーワッペン 食べられない食品が一目でわかる

 作者は刺繍ワッペンを手掛けるサークル「ネネロック」のしのぶ(@Ricamo_nenerock)さん。イベントに出展したときに看護師のお客さんから「アレルギーで苦しみ困っている子どもがたくさんいる」という相談を受け、アレルギーワッペンの制作に着手したといいます。子どものアレルギーを心配するお母さんやお父さんの話も参考にしながら、分かりやすさはもちろん「幼い子が明るい気持ちになれるデザイン」を目指して試行錯誤してきました。

 例えばエビの目を「×」にすれば危機感は増すけれど、子どもたちをネガティブな気持ちにさせるかもしれない。「かわいいこと」「身につけてうれしいと思えること」に何よりもこだわった結果、投稿されたようなキュートなデザインに落ち着いたそうです。



 リプライでは「分かりやすくてかわいい!」「本能に忠実な小学生以下の子どもに付けたい」といった感想はもちろんのこと、「他の食品でも作って欲しい!」という要望や、「先輩に悪ノリでエビを食べろと言われるので、これさえあれば助かりそうです」「発売されたらアレルギーの友人用に買います!」など大人用に購入を希望する声も多く寄せられました。

 こうした反響を受け、投稿者のしのぶさんは「たくさんのアレルギーで困っている声が聞こえ、ほとんどメモに書き留めました。そば、落花生、カニ、カニとエビのセット、パンあたりはもう試作しており、時間を見つけて今後どんどん増やして行きたいと思っています。アレルギーに対して世の中でもっともっと真剣に理解されたらとも。またアレルギー以外の見えない障害についての声も聞こえたので、この反響でたくさん気づきがありました。できることを形にしていきたいなと思います」とコメントしています。



アレルギーワッペン 「そば」もキャラクター風に可愛らしく

 しのぶさんのTwitterには、リプライを参考に改良した「エビワッペン」や、新たに試作した「そばワッペン」「カニワッペン」のデザインがすでに投稿されています。新学期シーズンの繁忙期ということで、制作には少し時間がかかりそうな様子。商品が完成次第、ハンドメイドショップのminneに追加されるとのことです。また同サイト内には、これまで手がけたかわいらしいワッペンも多数掲載されています。


アレルギーワッペン

アレルギーワッペン

アレルギーワッペン


画像提供:「ネネロック」★しのぶ(@Ricamo_nenerock)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」