ニュース
» 2019年02月27日 12時15分 公開

「風来のシレン」スマホ版発売にファンから「アスカ見参」望む声 復活はないのかスパイク・チュンソフトに聞いた

いまだ最高傑作と名高い“アスカ”。いまならSteamなどですぐに再販できそうですが……。

[コンタケ,ねとらぼ]

 2月26日、スパイク・チュンソフトが「不思議のダンジョン 風来のシレン」のスマートフォン版を近日中に発売すると発表しました。ファンにとってはうれしい知らせのはずですが、少し違った声も一部で上がっているもよう。それが、「アスカ見参」の移植や再販もしてほしい、というもの。





風来のシレン アスカ見参 不思議のダンジョン 移植 再販 リメーク 「不思議のダンジョン 風来のシレン外伝 女剣士アスカ見参!(画像はAmazon.co.jpから)

風来のシレン アスカ見参 不思議のダンジョン 移植 再販 リメーク パッケージ裏

 「アスカ見参」とは、「不思議のダンジョン 風来のシレン外伝 女剣士アスカ見参!」のこと。2002年にドリームキャスト用のソフトとして発売され、同年にいくつかの追加要素を取り入れたWindows版も発売されました。2000年にNINTENDO64用に発売された「不思議のダンジョン 風来のシレン2 鬼襲来!シレン城!」の外伝となります。

 「アスカ見参」はスパイク・チュンソフトが発売してきた「不思議のダンジョン」シリーズのなかでも評価が高く、今現在でも根強い人気を誇るソフト。全体的なゲームテンポの良さや豊富なダンジョン数、そしてWindows版の追加ダンジョンの絶妙な高難易度ぶりなどが熟練プレイヤーをもうならせたようです

 しかし、販売終了後から評価が上がってきたこともあり、現在Amazonなど通販サイトでWindows版は3万円前後のプレミア価格がついています。こうした状況から「アスカ見参」の再販や移植を望む声は以前から上がり続けているのですが、ネット上では「版権問題で再販は無理」といったうわさもあり、諦めているような声も。

 果たして今後再販などの予定はないのか、スパイク・チュンソフトに話を聞きました。

―― 「アスカ見参」の再販や移植、リメークを望む声が根強くありますが、その予定はないのでしょうか。

スパイク・チュンソフト:「アスカ見参」が人気なことは把握しておりますし、社内でもそういったプロジェクトを立ち上げてはどうかという声はあります。しかし、諸事情により進めにくい、というのが現状です。具体的なプロジェクトは現状立ち上がっておりません。

―― ネット上では版権の問題が原因ではないかという声もあるのですが事実でしょうか。

スパイク・チュンソフト:それもありますが、版権の問題が全てということではありません。「版権を含めた諸事情」が理由です。

―― 通販サイトなどでプレミア価格がついていることは把握されていますか。

スパイク・チュンソフト:はい、把握しております。

―― 今ならSteamなどでWindows版を簡単に再販できそうですが、そういった形でも難しいのでしょうか。

スパイク・チュンソフト:そういった話自体が現状では出ておりません。




 やはり“アスカ再見参”となるまでの道のりは険しそう、というのが現状のようです。シリーズファンは、「シレン」シリーズをプレイしながら、気長に待ちましょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン